おいしい朝ごはんにするには食器も大事【早起き92日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
P_20160602_055305.jpg

6月1日(水)の時間割

(朝)

〜5:10 起床
5:10〜6:30 ブログを書く
6:40〜7:00 読書
7:00〜7:15 朝食の支度
7:15〜7:30 朝食(パン・コーヒー・ミネストローネ)
7:30〜8:10 身支度をする
8:10〜   自宅を出る

(夜)

〜17:30 帰宅
17:30〜18:30 ネット
18:30〜19:00 財務会計のデモンストレーション
19:00〜19:30 夕食の支度
19:30〜20:40 動画を見ながら夕食(野菜炒め・納豆)
20:40〜21:00 部屋の掃除
21:00〜21:20 お風呂
21:30〜    就寝

2台のパソコンライフ最高です。もう1台しかなかったころには戻れません。

30代になって服より食器がほしくなった

20代は自分で稼いだお金で主に服、残りは友達との食事に使っていましたが、実家を出て30代になったら自分できちんとご飯をつくるようになり、他の人のご飯ってどうしてるのかなと興味を持ち始めました。

料理本もちょいちょい読むようになり、同時にブログやInstagramも見るようになって気づいたのは、料理は盛り付けやお皿がとても重要ということ。

30代半ばから本格的に食器が好きになって、今ではアパレルショップをまわるより食器屋さんを探すのが楽しみになりました。

偶然出会った焼物の企画展

そんな中、先週末にほしい文房具を探しがてら、二子玉川に行ったときのことです。

偶然こんな企画展を見つけました。

P_20160529_171836.jpg

JOURNAL STANDARDと沖縄焼物やちむんによる期間限定ショップです。

二子玉川ライズの入り口で看板を見てコンマ1秒でこれは行くしかない、と。

夏好き✕食器=やちむん はまる的公式です。

やちむん皿も数年前からほしくて、沖縄の読谷村のやちむんの里という工房に行きたいんですけど、なかなかその機会がありませんでした。

幸い東京だと今回のように夏にアパレルショップとコラボ展をすることはままあるのですが、ちょっと値段もはるので(1枚2,000〜3,000円くらい)躊躇していました。

が、そうして数年経ち、これではいつまでも買えないとなって、ちょうど展示の最終日がこの日で、何かの縁だと思って勢いで買いました。

P_20160529_171459.jpg

夏といえばブルー

私が買ったのは1枚2,400円のちょっと深めの中皿。

P_20160602_055305.jpg

このブルーが沖縄っぽくないですか?ああ夏っぽい。

はじめての料理はゴーヤチャンプルーをのせたかったけれど、ガマンできずに昨日野菜炒めをのっけてしまいました。

色がかぶって炒めたキャベツが擬態してた。

スポンサードリンク


おいしい朝ごはんにするにはお気に入りの食器を

今回は夜ごはんに使いましたが、自分が一目惚れした食器を朝ごはんで使うときっと朝から気分もあがります。

うちには100均や300円ショップで買って長く使っている食器もあるんですが、やっぱり長くなるにつれ劣化が激しくなります。

それと、安い食器って、お店に並んでいるときはかわいいんですけど、家に帰ってよく見ると、なんとなく色味が安っぽかったり、重かったりしませんか。

口につけたときの口当たりというか口触りもあんまりよくない。

なので、どうせ買うなら、ちょっと値段が高いなと思っても、インスピレーションで気に入ったものを買うのがいいと思います。

私も今ある食器を断捨離して、今後は少々高くてもビビっときた食器を買って、少ない数でていねいに使うようにしたいなと考えています。

スポンサードリンク