早起きを続けられるのは過去の失敗があったから【早起き100日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
fcbaf86a88ad7c2098937dd3beb886b3_s.jpg

6月9日(木)の時間割

(朝)

〜5:10 起床
5:10〜5:45 お弁当作り
5:45〜7:10 ブログを書く
7:00〜7:15 朝食の支度
7:15〜7:30 朝食(パン・コーヒー・ヨーグルト)
7:30〜8:10 身支度をする
8:10〜   自宅を出る

(夜)

〜17:30 買い物
17:30〜17:10 ネット
17:10〜17:25 部屋の片付け
17:25〜17:50 お風呂
17:55〜18:30 夕食の支度
18:30〜18:40 炊事
18:45〜19:00 夕食(牛丼)
19:00〜19:10 休憩
19:10〜22:20 ネットをする
22:25〜    就寝

今日で早起き100日達成です

今日、6月10日(金)の朝で、早起きを始めて100日達成しました!わーい。

ここまでで途中1日起きられなかったこと(4月1日の朝)はあったけれど、それはカウントしていないので、2月29日から今日まででちょうど100日になります。

なぜ100日も続けられたか

もう少し起きられない日があるかなと覚悟していましたが、意外に続きました。

と言いつつ、実は自分でも4月1日は相当くやしくて、あれがバネになったのは確かです。

自分でも振り返ってみて、ここまで強い気持ちで続けられるのはどうしてだろうと考えたんですが、それは過去に物事を続けられなかった失敗があったからです。

2年前にも続けていたことがあった

私、2年前にあることをしようと決めて、そのあと1年間は続いたんです。

毎日していたことではありませんが、それでも細々と定期的にはやっていた。

でも1年前にプライベートですごく落ち込むことがあって、突然その糸が切れてしまいました。

少しだけ休んでまた始めればよかったのかもしれません。

でもそのときはどうにも続ける気が起きなくて、というかそれに気を配る余裕がなかったんです。

続けられなかったことを悔やむ自分もいませんでした。

どうして以前は続けられなかったか

それが早起きを始めるようになって少ししたころ、そのことを思い出したんですね。

なぜあのとき続けなかったのかと、やっと振り返る余裕ができて思ったことは、当時はメンタルが安定していなくて、生活自体も荒れて不規則だったこと。

何もかもを投げ出していたこと。

そして、2年前の自分からまったく成長していないこと。

2年もあったのに何も成長していないことに非常に自己嫌悪を感じました。

スポンサードリンク


続けられなかった自分と続けた自分

一方で、1年間は続いたんだなという多少の自信がよみがえりました。

1年間続いた自分と、そのあと続かなかった自分。

不安と自信が混在して、そこで強く思いました。

1年間は続けられた、それなら今度こそ続けてみたい。

どんなにイヤなことがあっても、大雨でも寝不足でも今度だけは続けたい。

もう30代後半で後がないから、また2年前から何も成長していないとか言ってられない、と。

何があっても早起きを続ける

こんなに強い気持ちが自分の中にあるのは、過去に失敗を経験したからです。

同じ失敗を繰り返さないように、これ以上後悔しないように。

年齢を重ねて残りの時間もどんどんなくなってきているし、今は崖っぷちに立って必死にもがいている状態なのかもしれません。

早起きしてまだ100日と思えるように、今後も続けていくのみです。

スポンサードリンク