続かないのは優先順位が低いから。本当に続けたいなら生活に溶けこませる【早起き106日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1902f2437710e37e2f85d4432f9912e7_s.jpg

6月15日(金)の時間割

(朝)

〜5:10 起床
5:10〜7:10 ブログを書く
7:10〜7:20 朝食の支度
7:20〜7:30 朝食(パン・コーヒー)
7:30〜8:10 身支度をする
8:10〜   自宅を出る

(夜)

〜17:40 買い物
17:40〜19:20 ネットをする
19:20〜19:30 夕食の支度
19:30〜19:40 夕食(ラーメン)
19:40〜20:50 ネットをする
20:50〜21:15 お風呂
21:15〜22:20 ネットをする
22:30〜    就寝

朝から腹筋が痛いです。そのせいで今朝4時50分に一度目が覚めました。

理由はわかっているんですよ。年に数回ある、笑って目が覚める現象。

しかも今回は爆笑してたらしく、自分でも途中からなんとなくああ夢だなって気づいているんですが、なにせ笑いが止まらない。意識の遠くで抑えなきゃと思いつつ思い出し笑いしている感じです。

隣で寝ていた家族によると、夢で笑っているときの私は、ケンケン(アニメのキャラクター)のように「ククククッ」って言っていて、爆笑のときはさらに声も大きいそうです。怖いな自分!

しかも今回と、以前もあったそうですが、家族に何の夢見てたのと聞かれて、俳優の東幹久さんが出てたと言う。

東さんって笑えるキャラだったっけ…。

人生楽しそうでいいなと突っ込まれて、自分でも楽観的な人間だなと思っていたけれど、さっき調べたらあまり良い情報が出てこないですね。

ネットにお医者さんのコメント出てこないかなあ。

最近サボっていたこと

さて、朝の夢の話はこれくらいで、今日は最近後悔していることです。

私は日々の時間割を偽りなく、かつできるだけ細かく書いているので、少し前まで遡って読んでもらえるとわかるのですが、最近朝用のスープ作りをサボっています。

別にスープ作りは義務でもないし、家族に求められているわけでもないから、作らなければそれでよくて、サボっていることにはならないんですが、自分としてはそういう感覚でした。

スポンサードリンク


なぜスープ作りをサボっているか

結論から言うと、優先順位が自分の中で低いんでしょうね。毎日の生活の中で、これは絶対にしたいorしなくてはならないことではないということ。

そういう意識が心のどこかにあるから、食材を毎回買い忘れたり、気づいても買い足しに行かない。

短時間で終わるのに、買うことと作ることが面倒になってしまっているんです。

そしてそれに「仕事や家事、やることがたくさんあるから」というもっともらしい言い訳をつけている。15分で作れるのにね。

後悔しているのは、本当は今でもしたいから

もし本当に続ける気がないなら、自分の中でこんなに長い間ひっかかっていることはないでしょう。少しずつ忘れていくだろうし。

みんな今まで試してできなかったことを覚えていることはないですか。おそらくたくさんあって、でもその中でも続かなくて後悔している、覚えていることが1つや2つはあるでしょう。

それって今でも続けたいことなんじゃないでしょうか。

どうしたら改善できるか

後悔して終わるのではなく、達成して自分の中の記憶を上書きするには、またチャレンジするしかない。

そして大事なのは、生活に溶けこませること。

それは早起きが定着してきた自分だから断言できます。

私がスープ作りを定着させる案としては、スマホのメモに買い物リストがあるのですが、まず、それの一番上にスープの材料を書いておいて、それをずっと消さないこと。

これでメモアプリを開いたときにいつも見ることになって、記憶に定着されていきます。

あとは、スーパーに入ったら真っ直ぐスープに必ず必要な材料コーナーに行くこと。

他の料理にすぐ代用できてしまう野菜ではなく、トマト缶やチキンブイヨンです。

スーパーに行って、トマト缶買うのを面倒くさいと思う人はいないですから。

材料を買ってしまえば、スープ用の野菜を腐らせるのはもったいない、トマト缶が余っていてもったいないとなって、自然に作るようになるはずです。

続かないのは面倒になったか楽しくないから

続かなかったことって、最後は「面倒くさくなった」「楽しくなくなった」この2つに理由が集約されるのではないでしょうか。

この2つをどうやったら取り除けるか、そして続けるにはどのように自分の普段の生活習慣に溶けこませるかを考えるのが大事です。

スポンサードリンク