台湾桃園国際空港の両替所は出口までに3ヶ所ある。日本で両替してこなくても大丈夫【早起き216日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
デジカメ33 309.jpg

日本円はいつ両替する?

台湾に旅行することが決まったとき、私が不安に思ったことは、日本円を台湾ドルに両替するタイミングでした。

これってとても大事なことですよね。

空港からホテルに行くまでに電車やバスを使うならすぐに手元に台湾ドルがないと困るし、着いてすぐに喉が乾いてミネラルウォーター飲みたいってなっても買えませんから。

先に日本で両替するのが一番いいんでしょうが、そのためにわざわざ外貨両替をしている銀行まで行くのもちょっと面倒なんですよね…。

できれば旅行当日に空港に着いてからできないかなあと思って、まずは旅行代理店の担当者に聞いたのと、そのあと自分でもネットで調べてみました。

そうしたら、両替できる場所としては以下の選択肢がありました。

日本円を台湾ドルに両替できる場所
☑ 日本国内の市中銀行・空港にある銀行
☑ 台湾国内の市中銀行・空港にある銀行
☑ 台湾で滞在するホテル

ただ、一番下の「台湾で滞在するホテル」は、もうすでに台湾国内にいて、さらにお金を両替したいときに使う手段なので、今回は向きません。

スポンサードリンク


安全で確実なのは日本の銀行での両替

残った2つのうち、安全で確実という点から考えると、一番いいのは、もちろん日本国内の市中銀行なり空港にある銀行なりで両替しておくことです。

日本国内の市中銀行・空港にある銀行で両替するメリット
✓ 銀行員が日本人だから日本語が通じてストレスがない
✓ お金が手元にあるから移動がすぐにできる
✓ とにかく不安がない

現地についてから不安になるのを避けたい、中国語や英語で両替のやりとりをする自信がない人は(まあやりとりって言っても日本円を渡してサインするくらいしかないんだけど)、これがいいかもしれません。

でもその場合、デメリットもあります。

日本国内の市中銀行・空港にある銀行で両替するデメリット
✓ 為替レートが悪い

要は日本円と台湾ドルの交換比率が他の場所と比べて悪いということです。

これはガイドブックにもネットにもよく載っていることですが、日本の銀行で両替するとすごくレートが悪いんです。

私の場合、まずチケットを取るときに、旅行代理店の人にそれを言われました。

そして、台湾到着が夕方で疲れているだろうと、台湾桃園空港から台北市内のホテルに送迎バスをつけていたんですが、バスの添乗員(旅行代理店の人だけど、日本語が話せる台湾人)にも言われました。

「絶対おすすめしない」くらいの強さで。

なので、もうお分かりだと思いますが、このレートが悪いというデメリットをなくす=レートが良いところで両替するには、もう1つの「台湾国内の市中銀行・空港にある銀行」を選択することになります。

海外通貨両替の手間、省けます!

空港で両替をすることに

私の台湾旅行は3泊4日でフリープランだったんですが、自分たちであらかじめ大体の日程を組んでいました。

で、その日程をタイトにしたので、できたら市中銀行に行く手間は省きたいと考えていたんですね。

市中銀行は夕方までだし、どれくらい混んでいるかわからないから、待たされたら時間がもったいないな、と。

それで最終的に残ったのが、台湾空港内の銀行で両替をすることでした。

今回の台湾旅行は初めてで、とりあえず台北に行こうということになっており、その際使う空港としては、台湾桃園国際空港か、台北松山空港。

私たちは台湾桃園国際空港にしました。

というわけで、ここでは台湾桃園国際空港での両替を説明します。

台湾桃園国際空港の両替所は3ヶ所

旅行代理店からもらった工程表に、台湾桃園国際空港の見取り図があったので、これをちょっと使わせてもらいます。

20161002_202755_167.jpg

空港に着いてから出口までの流れと、各両替所の場所です。

※番号は、写真の番号に合わせています。

①空港2階に到着する 【銀行1】:私はここで両替しました。

デジカメ33 033.jpg

②入国審査
「入境審査」のところ。ここで航空券またはEチケット控え・パスポート・入国カードを見せる。
③エスカレーターを降りて1階に行く
④荷物を預けている人は、ここで受け取る

デジカメ33 034.jpg

⑤税関を通る 【銀行2】

デジカメ33 038.jpg

⑥出口へ 【銀行3】(写真は出口を逆から見たもの)

デジカメ33 039.jpg

イメージできたでしょうか。

つまり、銀行がある3ヶ所とは、

銀行がある3ヶ所
①入国審査の前
②税関のあと
③出口を出たあとの待合ロビー

になります。



それぞれの銀行の混み具合は?

どこに銀行があるかはわかったけど、できるだけ空いているところを利用したいって思いますよね。

私は、出口が近づくほど銀行が混むと思って、【銀行1】で両替しました。

ここは入国審査のところに行く途中で、目の前に現れるので誰もが気づく場所です。

このとき私の前に並んでいたお客は3人で銀行の窓口の人は2人いたので、待ったのは3〜4分でした。

【銀行2】は、写真にあるピンクの「BANK OF TAIWAN」(台湾銀行)となっているところで、見取り図で言うと左側にあたります。

ここで並んでいた人は2〜3人。

もし複数の人数で行くなら、荷物が出てくるまで待つ人と、さきに⑤税関を通って両替する人に分かれるとスムーズですが、そこまで急ぐこともないかな。それくらい空いていました。

【銀行3】は、正直見ていないのでわからないんです。

私は出口のところで送迎のためのガイドさんを探していて、すぐに合流してしまったんですよね。

ただ全体的に言えることは、私の台湾の到着時間は夕方で、空港を利用する人があまりいない時間帯でした。

なので、早朝に日本を出て、午前中に台湾に到着する人は、どの場所の銀行も私のときより混むだろうと思います。

まとめ

というわけで、台湾桃園国際には、出口に出るまでに両替所が3ヶ所あるので、台湾ドルに替えられるタイミングはたくさんありますよ。

心配な人は私のように1ヶ所目で両替してもいいし、そこが混んでいたら、出口を出てからもまだ大丈夫です。

空港を出てからあわてず急がず、楽しい旅行にしましょう。

スポンサードリンク