登山してきました【早起き506日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

登山に行ってきました

昨日の東京はものすごいゲリラ豪雨で、私がいたところはなかったんですが、場所によってはヒョウが降ったとのこと。

そんな中、私はどこに居たかというと、昨日はお休みで、都内は都内でもここに居ました!

八王子市の高尾山に。

都内出身ならあるあるネタかなと思うんですけど(周りに確かめたことはない)、高尾山って標高が599mで、初心者が山登りするにはちょうどよい高さで、小さいとき都内の小学校?中学校なら、一度は遠足で行くのではないかと。

私も遠足のほか、家族と、友だちと、そして今は夫と一緒にこれまで何回も行ってます。

で、これまでは大の緑好きの私も登山にはさほど興味がなかったので、中腹までの行きと帰りの片方をリフトで、もう片方をケーブルカーに乗ることが多かったんですが、最近ランニング&ウォーキング始めたでしょう。

あれで家族がやる気出しちゃって、高尾山登ろうとか誘われちゃったんですよね。

いや嬉しいけど。あなたのそのお腹が少しでも凹むなら。

ただ天候だけひたすら心配だったので、天気が変わること、重装備になることを確認のうえでね。

スポンサードリンク


雨の高尾山

私たちが登ったコースは頂上まで100分というもので、普段のランニング&歩きも含めて1時間なのを考えると少し長いけど、でも休み休み行けばちょうど良いんでないかということで選択したわけですが。

…これがかなりな山道だった。

いや、舗装されてない道であることは承知してましたが、まさか小川の中の飛び石を歩いたり、木の根っこがはるモリモリの地面で、しかもほっそーい道を歩くことになるとは。

やっぱり途中雨も降られて、雨宿りしながら雨が過ぎ去るのを待ったり。

雨で湿気?モヤがすごくて、アメリカのドラマLOSTな景色だった。

でも、頂上近くになったら晴れて、木々の隙間から漏れる光が朝みたいで。

このときはもう舗装されて階段もあるんだけど

最後のラストスパートでこれが延々続くもんだから「鬼!」って思いつつ、ゼエゼエハアハアして越えて。

頂上の直前はもうだれも居らず、今度は映画ミストみたいになって。

着いた頂上は、まさかの誰もいない独り占めー!

結局、100分のところを90分で着きました。

何度も来た高尾山で、初めてのの誰もいない頂上です。きっとこんな機会はもうないだろうと思う、それくらい人が普段多いところなので、余計感慨深かった。

ただ、嬉しさも覚えつつも、こんなモヤの頂上だし、またいつ天気が変わってもおかしくないので、眺めを堪能するのもそこそこにすぐ下山しました。

高尾山には途中で薬王院というところがあるんですが、そこの出店付近もいつもは誰かしらいるのに、ガラーンと。

ま、お店は開いてないけど店員さんは中に居たっぽくて途中すれ違ったし、そのあとも数人登山者に会ったので、まったく私たち二人きりということもなく、それはそれで安心でした。

帰りは、そう、もともとこっちが休日としてのメインだったんだけどね!高尾山の中腹でやっているビアガーデンに行って、そこで2人お疲れ様会を開き。

(このあたりから晴れて、日が沈むと夜景がとてもキレイでした)

ただ私たちは雨の中登山したので、自分たちが思っている以上に疲れているはずで、ここで飲んで食べて楽しかったね!ではなく、きちんと帰宅するまでが登山。

なので、飲みすぎず食べすぎず、ほどほどで帰ることにしました。まあまた来れば良いしね!

まとめ

何回も来ている高尾山でしたが、今回初めての本格的な山道で、今までには全く経験のないことが多くあって本当に楽しかったです。

雨の日って、巨大ミミズとかカエル(ともに20cmくらいの)とか、いろんな生物も出てくるのね…。

私、とにかくカエルをしょっちゅう見つけるので、家族に「まるにカエルを見つける才能があることがわかった」って言われました。いやそんな才能いらん。

ということで、2017年夏の思い出は、一生もののずっしりなやつからスタートです。

スポンサードリンク

コメント

コメントは停止中です。