早朝出勤でもらえるお金は、社内や取引先と調整した労力に見合うかどうか【早起き398日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝型出勤でお金をもらえる会社があるらしい

早起きして、朝型出勤してお金もらえたら最高ですよね。

っていう会社が実際にあるらしい。

Sankei Biz−「朝型勤務実践の社員に奨励金1000円」

“午前8時までに出社し、午後6時までに退社”って最高じゃないですか。

私は若いときに、午前7時から午後3時までという働き方を数年したことがあるんですが、当時は朝も弱くて目覚ましをかけてもなかなか起きられず、今より通勤時間が長かったこともあって通うのが大変だったけど、でもあの午後3時に上がれるというのが最高に良かったという思い出があります。

午後3時に「お疲れ様でしたー」って行って社外に出たときの清々しさ、無敵感といったらもうね。

この後も何でもできるし、用事も2つくらいこなせそうでしょう。

実際はそんなに毎日用事なんてないからまっすぐ帰宅するんですけど、でも帰宅ラッシュには巻き込まれないし、途中どっかに寄ってもいいかという心の余裕がありました。

今もう一度それをやれって言われたら、しかも記事のように会社から奨励金が出るなんてなったら真っ先に手を挙げます。

まあでもわかってますよ。

今の私がそれに手を挙げられるくらい、時間や環境に選択肢があるからだっていうことは。

スポンサードリンク


働く人の現実は

小さい子どもがいる人は、子どもを預ける施設も早く開かないと預けられないわけだし、うちの会社でも残業が多い人は「残業代なんていらないから休みが欲しい」ってよく言ってるので、そもそも勤務時間をずらすのだけではなびかない気がします。

あとは、私が以前働いていた会社は、取引先の会社とのやりとりが頻繁だから、こちらだけ早期出勤、早期退社なんてしたらそのやりとりができなくなるんですわ。

それはそれで“業務効率を高め”ることにはならないしね。結構多いんじゃないでしょうかこういう会社。

社内で考えても、例えばAさんが早く帰るとなったら、帰った後にAさん宛の電話を誰かが取ることになるわけだし、取った人としては「こっちは奨励金もらわないでしかもAさんの電話を自分が対応するってどういうことやねん」ってなりますよね。

社内とも取引先ともすごい苦労して調整した結果もらえる上限が月15,000円って、労力とお金が見合うかというと…うーん。

まとめ

私もやりたいし、今はできる環境にいるけど、でも一人だけ「じゃお先でーす」ってさすがに言いにくい。

会社の人全員でっていうのはムリだから、せめて部署内だけでもみんなでこれができたらなあ。いいんだけどなあ。

スポンサードリンク