画がヘタだった青年がアメリカで有名映画のポスターデザイナーになった話と成長率について【早起き183日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
9281dc4ce43d8f7a1c1ce36dd4601b8f_s.jpg

早起きの目的を探してけっこう経った

おはようございます。今日から9月ですね。

昨日の8月と今日の9月では、1日しか違わないのになんとなく気持ちの持ちかたが私の中で違います。

8月は夏、9月は秋に向かっているようで、なんとなく9月がブルーに感じられる…。

まだまだ残暑は続くんですが、学生の夏休みは終わりだし、会社もゆったりした感じから切り替わって、帯を締め直すような雰囲気に戻るのと、やっぱり冬が一歩一歩近づいてくるような気がするからか。

夏に後ろ髪をひかれている自分も、まわりの空気感に押されて、気持ち的にも衣替えをしないといけないんだろうな。

ということで、そろそろ私の早起きの目的が見つからないこの宙に浮いた状態から脱出したいんですが。

全然地面が見えません。相変わらずプランプランしてます。

自分一人のことだから別に急ぐ必要はないし、早起きして半年、今さら2週間足らずで大きな“目的”なるものを見つけなくてもいいんですけどね。

小骨どころか大骨が喉につかえている感じです。

キラキラオーラのブログはお腹いっぱい

でもこういう時期って、見方を変えれば一部の人にとっては面白いだろうなとも思います。

それをブログに書いていて、見れるならなおさら。

人が何かを決意するまでのあいまいな、混沌とした状態って、なかなか見れるものじゃないですよね?

グダグダな状態を凝りもせず毎日見せようなんて物好きな人、あんまりいないでしょう(ここに居るけど)。

みんなどちらかと言えばかっこ良くキメたいというか、こんな目標見つけました!ってキラキラオーラで宣言するんじゃないだろうか。

読んでいるほうも、毎日毎日グダグダああでもないこうでもないってはっきりしないブログよりは、目標はこれにしました!毎日1時間これをやります!1ヶ月続いて夢がちょっと叶いました!という短い期間でわかりやすく成功したものに飛びつきたいだろうし。

でもなあ、私だったら、そういうのお腹いっぱい。

共感できないし、面白くない。

画がヘタだった青年がアメリカ映画のポスターを描くようになった

だいぶ前にキュレーションサイトで、アメリカ映画のポスターデザインをいくつも担当している日本人青年の話を知りました。

彼は、画を描くのが好きだったけれども、はじめは決してうまくなかった。

それは描き始めのころの実際に描いたものがTwitterにあがっていたので、申し訳ないけれど私もそうだなと思いました。

それでも高校生のころ授業のあとも毎日のように学校に残って、遅くまで画の勉強をしていたみたいです。

何年も勉強していくうち、画もうまくなっていって(その経過もTwitterで見れました)、そしていつしか、アメリカの有名映画監督の目にとまり、アメリカで仕事をしないかと誘われるまでになります。

でもそのとき、彼は英語が話せませんでした。

そしてそれを理由に、今回は残念ながらと断られてしまったそうです。

とてもくやしい思いをしたその青年は、そこから単語帳を常に抱え、今度は英語の勉強をはじめます。

時がたち、英語が使えるようになった彼は、再びアメリカの会社にチャレンジし、今度は見事採用。

現在はアメリカにいて、有名な映画のポスターデザインを手がけています(確かゴジラもあったような)。

私が彼を尊敬したのは、結果から見たらアメリカの有名映画のポスターデザインを手がけている日本人青年というサクセス・ストーリーですが、そこではなく、その経過の画の成長を彼自身が公開していたから。

おせじにも始めのころはうまいとは言えなかった。私でも描けると思うくらいの。

でもそこから彼は諦めず、1年、2年と続け、その途中途中の画ものせています。

それがすっごい成長ぶりなの。

描き始めと、アメリカに行ってからの画の比較がすごい!

そういう流れを目の当たりにすると、人が努力すること、成長することの素晴らしさに素直に感動します。

そして何よりリアルを感じられるのがいい。

結果だけを見るのではなくて、どういう努力をどれだけして、どのように成長したか。

その経過が見られるのが面白いし、共感できるし、尊敬する。

「今はアメリカにいて成功しているんですけどね、数年前は私も高校生でけっこう努力したんですよ」の一文だけにしちゃったら、こちらの気持ちもまったく入らないですよね。

だから、このブログもそういう感じにしたいんです。

もちろん結果として、自分の人生も変えたいですよ!

スポンサードリンク


毎日0.1%成長したら1年後は144%、ではその先は?

目的をどうするかはいまだ悩み中ですが、もし見つけてそれに突き進むとして、自分はどれくらい成長できるんだろうと考えるのが密かな楽しみになっています。

取らぬ狸のなんとやらですよ。

このあいだ厚切りジェイソンさんの記事について書きましたが、その中で、1年後に40%成長するという、指数関数定期成長というものがあります。

私この指数関数定期成長なるものにハマっています。

取らぬ狸だからこそか、計算するのが楽しすぎる。

ネットでも、毎日0.1%ずつ成長して1年後には40%成長するというところまではよく見ますが、ここから先って気にしている人いるでしょうか。

私は気になってしまいました。

自分どんだけ成長できちゃうのォーーとウフフしながら計算してみました。

《毎日0.1%成長した場合》

100日目 111%
半年   120%
9ヶ月  131%
1年  144%
2年  207%
3年  299%

私は昨日で早起きして半年経ったので、もうすでに20%も成長していることになります。

…なってるかな? 今の自分ではなんともわかりません。

そして、2年のところ見てください。2年後には2倍に成長していますよ、すごくないですか。

でも、実はもっとすごいことを発見してしまいました。

ヒマだったので、1日0.2%成長した場合の成長率まで計算してみたんですが、結果がこちらです。

《毎日0.2%成長した場合》

100日目 122%
半年   143%
9ヶ月  171%
1年  207%
2年  430%
3年  891%

注目して欲しいのは1年のところ。

0.1%で207%成長するには2年かかりますが、0.2%なら1年でいけちゃいます。

すごい、1/2ですね。

0.1%と0.2%なら、そもそも苦痛に思えるほどの努力じゃなさそうだし、0.1%からもうちょっと頑張ればすぐ0.2%になりそうじゃないですか。

そうしたら1年後には自分が2倍に成長!楽しすぎます。

まとめ

というキャッキャウフフな計算をこの間1人でしてみました。

一応家族にもハイテンションでこのことを話してみたんですが、全然食いついてこなかったので、私のように超絶算数が苦手な人(私はエクセルの関数のどれを使うかわからなくて何度も間違えた)、単純に計算が面倒な人、自分もキャッキャウフフしたいという人のために贈ります。

いやでもまじめな話、この成長率は今後の私の心の助けになってくれそうです。

※ポスターデザイナーの青年の話は、現在キュレーションサイトから削除されているのか、見られない状態です。なので私の記憶力のみで再現していますが、全部合っている自信はありませんのであしからず。

あーあの記事復活しないかなあ…お気に入りに入れていたのに消えるなんてショックが大きい。

スポンサードリンク