冷え性にとって理想のレッグウォーマー【早起き285日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

寒くて夜寝られない

あくまで体感ですが、ここ数日で東京も一気に本格的な冬になっちゃったのではないでしょうか。

夜中がとにかく寒い。

寝るときは布団に敷パッドをして、足元には電気マット、上は薄手の毛布+掛け布団にしてますが、それでも寒すぎる!

昨日、今日と全然寝付けませんでしたよ…。

でも、布団にくるまりながらあー寒いッて思いながら、押入れから厚手の毛布を出すために布団から出るのがいやでじっと我慢しちゃうんだなあ。

あそこでちょっとだけ頑張って毛布が出せるとそのあとの熟睡まで早くなる、夜中に寒くて起きないのはわかってる、わかってるんだけども。

その場限りの布団の温かさに負けちゃう…ありません?そういうこと。

そう、それで確か去年もおととしもこの流れをやってたのを今思い出しました。

なかなか寝れなくてイライラするのは辛いので、寝る直前ではなくて30分前に電気マットを敷いて電源を入れる、厚手の布団は圧縮袋から出して天日干しする、足首が出ているならレッグウォーマーを先につけるのをちゃんとやらないと。

特にすごい冷え性の私はレッグウォーマーを着けるのが大事だった、そうだった。

理想のレッグウォーマー

レッグウォーマー、今は3coinsという300円ショップで買ったものがあるんですが、あれは太ももから足首までのもので、そういうのは他にもたくさん売っているんだけど、私の中でベストじゃないんだよね。

あのタイプのレッグウォーマーだと、寝ている間にずり上がってきちゃって夜中に足首が冷えて痛くて痛くて。

いちばん良いのはふくらはぎから足の甲までL字型になってて、足首がすっぽり隠れるようになっていて、かつ足の指は出ているもの。

一時期靴下を履いて寝ていたんですが、あれはやめたほうがいいです。足の指がめっちゃムレます。

なので足の指は出てもガマンすることに決めてます。

今ちょっとググッてみたけど私の求めるレッグウォーマーがないなあ。どっかで販売してないものか。

今年は早起きを始めたことで、寝ている時間も熟睡することに気合入れているので、もしなければ自分で長い靴下を足の指部分だけカットするとかしようかな。

スポンサードリンク


まとめ

ネットでも本でもどこでも言われていることですが、早起きするには早く寝ること、そして質の良い睡眠が大事です。

睡眠が早起きできるかどうかのカギを8割くらい担っていると思う。

なので、私もここ数年ずっと不便と思いつつやり過ごしてきた足の冷えの問題を今年こそ解消しようと本気で考えてます。

もしあなたも早起きをしたくなったら、早起きのために良質な睡眠をする、睡眠のために心地よく眠れる環境にするとさかのぼって考えて、そういう環境にお金を払うことをためらわないのが成功の秘訣ですよ。

※2016年12月24日追記

やっと理想のレッグウォーマー見つけました!

下の記事に書いてます。

ずり落ちないし足首は温かいまま。寝るときの足の冷えにはヨガのニーハイウォーマーがおすすめ【早起き295日目】

スポンサードリンク

コメント

コメントは停止中です。