盗まれたスマホを個人宅に凸して取り戻した話【早起き1,041日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家族がなくしたスマホを私が探す

おはようございます。まる(@hayaokimaru1)です。

昨日、私の夫がスマホを仕事帰りに落とし、でも肝心の本人が疲れすぎて探すのが面倒になりそのまま寝てしまい、私が彼の代わりにスマホをネットで追跡したというのを話しましたが、今日はその続きです。

タイトルのとおり、なかなかな急展開となりました。

ちなみにうちの前提&これまでの話を整理すると、

夫はスマホを2台所有

・Android(電話・LINEに使う。IIJmioで契約)

・iPhone(主に仕事でGoogleMap、プライベートで動画視聴。契約終了済なのでポケットWi-Fiでネットサーフィンやメモ帳代わり)

・AndroidよりiPhoneのマップ検索のほうが精度が高い(と本人は感じている)

・今回落としたのはAndroidで、仕事から帰る途中で失くしたことに気づいたらしい

スポンサードリンク


先に言っておくと、私から見ても家族もちょっと悪いのです。

だって本来であればAndroidを失くしたと気づいた時点ですぐにどうやったら見つかるかをiPhoneの方で検索すべきでしょう。

私でさえ自宅のパソコンで検索してすぐに「Android 探す」でGmailとそのパスワードを入力すれば追跡できることがわかったのですから、家族にそれができないわけがないんです。

ただ…うちの人、マックス疲れていると本当に眠気がすごくて何もできなくなってしまうし機嫌が悪いしで、おとといの夜は「疲れた」「探すのが面倒くさい」「もういい」の三連発を放ったことから、付き合いの長い私は早々に「こりゃ何言ってもダメだ」と諦めました。

でもスマホは待ってくれません。

なにしろ電源なくなったら終わりだからね!追跡できなくなってしまう。

ということで、私は早々に寝てしまった家族を横目に、3年前にもiPhoneを失くした(このときは見つからず今の新しいiPhoneを買った)ときに家族とやりとりしたGmailのパスワードを見つけるべく、1時間ほどLINEと写真の海を泳いだんです。

珍しく体調悪いときに限ってこういうのあるのよね…。

まあでもとにかくなんとか見つけ、Gmailとパスワードを持って、私は「Android 探す」とパソコンから検索し、ヒットしたサイトで入力を心みた。

そしたら、職場のすぐ近くをマップが指してる。

歩いて5分くらい?のところでした。

「ああーもしかしたら会社に戻ってる途中にiPhone見ながら歩いてたらもう一個のAndroidがバッグかポケットから落ちたのかな」とそのとき私は思い、何よりもすぐ発見できて、それが会社の近くだっとことに深く安堵。

念のため、自分でiPhoneから検索するよりも一発ですぐにわかったほうが良いだろうということで、パソコンのマップ画像を私のスマホで写メり、その画像を彼のGmail(iPhoneで見られる)に送っておきました。

とはいえ、まだ相手は寝付いて1時間、次に起きるのはトイレのときの夜中2時だろうと、でもそのときにAndroidのスマホの電源切れてたらまずいからと、しかもiPhoneはLINEが入ってないし、見てもGmail。

Gmailは緊急では見ないからってことで、私はふせん4枚にとりあえずこの日調べた内容をしたため、夜中2時に起きたときに絶対に見て、翌朝そっこーで向かうようにしようと、iPhoneにふせんを輪ゴムでグルグルに留めて寝ました。

見つかったのは施設ではなく個人宅

そして案の定2時にヤツは起きた。

メモに「夜中でも気になる点があったら起こしてもいいから」って書いたけど、私の方が気になって一緒に起きちゃったわ。

iPhoneにメモを輪ゴムでグルグル巻にしたことに驚かれつつも、一応感謝の言葉はいただきました。

それでまあまだ夜中2時だし、iPhoneで位置情報を一緒に再確認したら場所が変わってなかったので、また5時まで寝て、5時になったら起きてそこに向かうことに。

彼いわく「この場所、多分施設だと思う。トイレを借りるかして、そのまま忘れて帰ってきちゃったのかも。朝7時30分にあくから、そのときすぐに聞けるようにするよ」

ということで、5時に起きて、いつものとおり5時45分に彼は家を出ました。

私は「施設なら警備員さんが取っておいてくれるかもしれないし、なにしろAndroidが移動してないから大丈夫でしょ」とほぼ解決した気になって、昨夜心配でろくに喉が通らなかった分、この日の朝はパンをいつもの倍の2枚ほおばってゆっくりしてました。

シラを切られたがやっぱり盗んでた

「もう7時40分だし受け取ったかな?便りのないのが良い便りか〜」なんて思って、そろそろ自分も身支度をしようと思って、ふとスマホを見たのが7時50分。

私のGmailが3件入ってました。

「まる、今すぐAndroidに電話して!」

「おーい!」

「向こうがシラ切ってるから!」

…シラ切ってる…??

…ってことは!

施設じゃないっぽい!

まさかの、去年だかにロケットニュース?で見た「MacBookが盗まれたから追跡して犯人見つけた!」バリじゃ!?

私ももう支度しないと会社に間に合わないけどそれどころじゃない。

電話しないとマジでやばそうだったので、そこから私もスマホで彼のAndroidに電話しまくります。

1回目こそずーっと鳴ってるものの、出ない(みおふぉんに留守電機能は入れてませんでした)。

もし見つけて手にしたら、家族だったら絶対に電話に出るし、っていうかあっちから「見つかったよ!」って電話してくるタイプなのに、電話に出ない。

これは怪しいと思って、そのあと何回も電話をかけるも、なぜか2回目以降は2コールで切れる!

スマホがダメならと自宅の電話機からかけるも、それも2コールで切れる。

同時並行でiPhoneで見られるGmailに心配してると送っても返信がない。

私このころには超不安で、もしかしたら家族のAndroidを手にした相手ともめて大変なことになってるんじゃないかと気が気じゃなくて、でも出社時間が迫ってるので支度もしないといけない。

不安な中、もうあと5分で出ないといけない中、最後の1回と思ってAndroidに電話したら…家族が出た!!

まとめ

「今やっと取り戻したよぉぉ〜!」というのが第一声でした。

ここからは私もマジで時間なくて超速で話を聞いたのですが、どうやら以下のような事態になっていたらしいです。

——————————————————————

・最初施設かと思ってiPhoneのGoogleMapで行ったら個人宅だった

・早朝だけど…と思いつつもやっぱり気になるのでお家をピンポンした

・30代後半くらいの男性が出て、「私のAndroidが失くなってしまって、検索したらこちらにたどり着いたのですが知りませんか?」と聞いたところ、相手はひたすら「知りません」と言い続ける。

・だがしかし、話の途中から、部屋の奥でスマホが鳴ってる音がする(←私がかけてる音!!)

・「今、私の家族が私のAndroidに電話をかけているんですが、奥からする音があれだと思うんですが」と言ってもなおシラを切る

・玄関で男性と話していたが、途中から母親も出てくる(とうことはこの母親が奥の部屋で着信を切っていたのかも)

・夫も出勤の時間が迫ってきたため、「じゃあ午後にまた、今度は警察と一緒に来ます」と言ったところ、相手の態度が急変!突然キョドリだす

・今まで知らぬ存ぜぬだったのに、急に「友達が落としたのを見つけたと言ってました…」とか言って、夫のAndroidを出した!

———————————————————————–

ということで、家族は無事にAndroidを取り戻しました!!

ってかAndroidのマップの精度すごいじゃない!施設じゃなかったーー。

それにしても、本当に本当に、スマホが盗まれて個人宅を追跡ってあるんですね!ネットニュースだけかと思ってたのに身近でこんなことあるとは。

そして家族よ、「また午後に来ます」って言ったら、その間にスマホの電源切られてたら終わりじゃんか!

さらには捨てられて現物が失くなってたらそれも終わり(でもこれは後で考えたら最初の夜に私がパソコンのマップ画面を写メしてるし、最悪ネットでAndroidを探す画面の検索履歴が出るはずだからそれでも証明になったかもしれない)

今回は相手がスマホの電源を切らずにずっと所持しているというオマヌケな人だったため、なんとか発見することができました。

(男性本人だけじゃなく、私からの電話を切っていたであろうお母さんも、警察呼んでたら捕まってたでしょうね)

Androidを探す、のときに確か「スマホの電源が入っている」状態でないと検索はできなかったと思う。

それから、Android画面に「このスマホを見つけた人は下記まで電話ください。****-****」とか表示することはできるし、最悪盗んだ相手が悪用しないように全データを削除するという遠隔操作もできますが、うちは最初施設に落ちていると思っていたので、そこまでをやろうと思いませんでした。

とはいえ、前にiPhoneを失くしたときに「今度はなくしてもすぐに見つかるように」って、スマホの充電はしっかりして、Androidを探すはON、位置情報もONなど、もろもろ設定しておいたことが功を奏しました。

まさかこんな事態になるとは斜め上すぎて今だにビックリですが、でもこういうこともあるんだと、このブログを見たあなたがスマホの設定を見直してくれることを願います。

…マジで今の検索時代に人のスマホ盗もうとする人がいるなんてね。

私も今回の件で、先にMacBook盗まれて追跡した人のブログ読んでおいてよかったと心から思いました。

うちの家族もねえ、これで前よりはモノの失くし癖がなおるといいんですけど…紛失防止タグも前から考えてるんだけど、検索媒体がスマホだからそのスマホ自体に防止タグって付けられないじゃない?

どうしたもんかなあ。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る