朝、髪をまとめるのも時短できる【早起き404日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝に支度するものを時短

食洗機、ルンバなどいまや世に多くの時短商品が出ていて、忙しい人、自分の時間が欲しい人にはありがたい時代になりましたね。

私も性格的にけっこうせっかちというか、毎日のことはサクサク終わらせたいタイプで、しかも早起きを始めてからいっそう時間を大事にするようになったので、時短商品に限らず、何かをするとき、いかに最小の力と時間でできないかを考えるようにしています。

朝の支度もしかり。

ここのところブログを書く時間が長引いているからか、そのあとの朝ごはんしながらの読書、着替え、化粧、髪の毛のセットの流れも押せ押せになってまして、最後の方になるとすっごいバタバタしてしまってる自分に気づいたので、少し前から、せめて服を探す時間を前日の夜とか、起きて最初にしたらどうなんだろうと試したら、意外に効果がありました。

(前も一度同じような朝の過ごし方になって、着替えを用意した時期があったけど挫折したような記憶)

小さい時、幼稚園とか保育園、親からも「服は先に準備してかけておきましょう」とか言われませんでした?

あれってやっぱり正しかったんですね。

天気予報の精度が私が小さい時とは全然違って、今や翌日の1日の天気はもちろん、数時間ごとの雨風とか、花粉情報とか台風とかあたるし、雨雲レーダーも見られるし、「翌日の天気がわかんないから、朝起きて空を見てから服決めよ」なんて必要ないんですよね。

前日の夜でも着る服を決めておいても全然問題ないわけで。

着る服を決める時間が減るということは、他の作業も時短できそうですよね。

スポンサードリンク


化粧も時短できないか

一時期化粧する時間を時短できないかと考えたことがあるんですが、実際に化粧の作業工程を確認しながらやってみたけど、あれでできるのはオールインワンの化粧下地とファンデーションが一緒になってるタイプを使うことかなあ。

あとはアートメイクで眉やアイラインを先に作っちゃうとか、アイラッシュでまつげを整えておくとか?

それだとだいぶ時短できる気がしますが、気になるのが定期的なメンテナンスが必要なのと、それにかかるお金の問題ですね。

化粧に30分かける女性ってほとんどいないだろうから、仮に15分として、その15分を5分に縮めるために月数千円払うかって話。

…まあないよね。

という結論に至り、化粧については時短しなくてもいいやと思ってます。

朝の髪の寝グセを抑えて時短

じゃあ他のことはどうだろう…とかけっこう色々考えて、常に時短に関する情報にはアンテナを張り巡らせているんですが、今朝またサイトニュースを見てたら面白いものを発見しました。

exciteニュース−「忙しい朝の救世主!“ハネ寝ぐせ”を抑える画期的なシャンプー」

なるほど!この発想はなかったわ。自分の生活パターンだけで考えていたらこういうことには気づかない。

朝、髪をまとめるのをラクにしてくれるのだから、これも立派な時短でしょう。

しかも朝って急いでるから少しのことがスムーズにいかないとイラッとするけど、そういうイラッと感もなくなるだろうし。

お値段的にも今使っているシャンプー・コンディショナーとそんなに変わらないだろうし、ちょっとスライドするくらいで済みそうです。

いやー朝だけでもまだまだ時短できることがありそうですね。こういうのを考えるのが好きだし、情報を集めるのも好きなので、引き続きこのネタは追っていきますよ。

スポンサードリンク