冬のランニング用にナイキのネックウォーマー【早起き622日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ランニンググッズを追加

おはようございます。ランニングを始めて5ヶ月目のまる(@hayaokimaru1)です。   

11月の東京は真冬までは全然いかないけど、夕方は風があるとかなーり寒くなってきました。

今もウェアは下半身は夏と同様コンプレッションタイツに短パンですが、そろそろこれも厳しい。

上半身はすでにパーカー羽織ってて、でもこのちぐはぐな感じでも走れちゃうのは、下半身の服が重いと足が動かしにくくなるから。それだけです。

寒さに耐えられる身体なら可能な限り薄着がいいけど、でもそれも辛いのでせめてもと上半身だけ厚着してます。

そして最近さらに関節周りから冷えるようになったので、手にはユニクロの古い手袋(ランニングではなく本来は普段使いのやつ)を着け始めましたが、首周りも寒い!

ということで、新たなランニンググッズとしてネックウォーマーを買ってみました。

スポンサードリンク


ナイキのネックウォーマー

2017年は完全にランニンググッズを揃えるのにハマっております。

それでヘッドライトも前に買ってブログにも載せましたが、その後別のを買って今それを試しているので、それもそのうちアップしますがあしからず。

で、ネックウォーマーの話で、私はランニングウェアのカラーは基本ブラックで統一していますので(冬や夜間はホワイトも仕方なく取り入れる)、ネックウォーマーももちろんブラック。に近い霜降りブラック。

去年だったか、山グッズ店に通いつめてたときに、「冬はこの山用のネックウォーマー最高じゃね?通勤で使いたい!ぜひ!」と騒いでいた私でしたが、結局買わずじまいで、ただその記憶だけは残っていたので、きっとランニングにもネックウォーマーは存在するであろうと思っていたらやっぱりありました。

ランナーの皆さんはネックウォーマーなんて当然あるもの、と気にしないかもしれませんが、当方ランナー初心者、どういうグッズがあるかも知らなくて、でもそういう初心者さんって結構いるのではないでしょうか。

\ビギナーのランナーさん、ネックウォーマーがありますよ/

鼻が寒くなるのもランニングあるあるなので、こうして鼻にかぶせるのも考えておきましょう。

外側の面はサラッとしていて、霜降りブラック。首の後ろ側は最近流行りのテープぽいのが貼ってあります(けどなぜか洗っても取れない不思議なテープ)

実は二重になっており、内側の面を鼻まで持ってきて、外側の面は首周りを相変わらず防風するという作り。

素材はポリエステル83%、ポリウレタン8%、ナイロン9%。

重なった2枚をはがしてみるとこうなっていて、

内側の肌に触れる部分はモコッと?デコボコした感じです。

まとめ

これを着けてランニングしてみたら、当たり前だけど暖かい!

そして冬のランナーぽい。とっても雰囲気が出る。

ただ1つ難点があるとすれば、上下、つまり顔よりと肩よりで幅が一緒なので、個人的には肩よりに向かって台形型に広がってくれると、肩のところでパーカーの上にかぶせるなり中に入れるなり、もっと風が入らないようにできるので、その作りを改良してくれるといいかなあと。

あともっと言うと(1つじゃないんかい)、仕事帰りに化粧したままでランニングして、帰宅してすぐお風呂のパターンなので、化粧がネックウォーマーにつかないようにするために、スポッとかぶるタイプじゃなくてファスナーで1枚のマフラーみたいになってくれると、巻く時に化粧がつかなくてありがたい。(この要望は女性あるあるだと思うんだけど)

登山グッズ店でマフラーみたいに1枚にバラせるのを探したけどやっぱりなかった。

他のスポーツショップでも見たことないし、ユニクロにもなかったし。

企業さんこういうの作ってくれないですかね。

ということで、しばらくはこのナイキのネックウォーマーでいってみようと思います。

店舗には薄いグレーもありましたが、ネットで探すとピンクも出てきます。サイズもいくつかあるみたい。

スポンサードリンク