熟睡できない原因は買って解決、習慣はあとまわし【早起き252日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_s

気になった睡眠に関する記事

昨日Yahoo!ニュースをスマホで見てたら気になる記事があったので、今日はそれを。

珍しく2日連続でネット記事です。

NIKKEI STYLE:「実は健康に悪い7つの眠り方 あなたは大丈夫?」

[日経ヘルス 2016年11月号の記事を再構成]

早起きするには睡眠が大事ですからね。
 

寝る直前のスマホがやめられない

文章は比較的短いので全部読んでみてもいいと思いますが、要は睡眠を悪化させている7つの原因を紹介しているものです。

私はこの7つの原因のうち、1つ目の「寝る直前までスマホをいじっている」が当てはまりました。

前から言ってますが、寝る直前までのスマホ、全然なくなりません。

というかなくす気があんまりないかも…。

浅い眠りになるリスクがあるというのに、スマホ見てても5分10分ですぐ眠くなるし、入眠には差し支えないとどこかで思っているフシがある。

あ、あなたにはもちろん私の寝方はおすすめしないですよ、スマホは枕元にないほうがもちろんいいはず。

こんないい加減な寝方をしている私に朗報だったのが、”ブルーライトカットフィルム”を貼ること。

へえこんなのあるんですね、知らなかった。

会社でブルーライトカットのメガネをしている人がたくさんいるんですけど、あれもやりたいなと思っているけどこのブルーライトカットフィルムもいいな。

自分の習慣が変えられないなら、世の中にあるこういうグッズに頼ることからするというのも私はアリだと思いますよ。

スポンサードリンク


テンピュールと羽毛布団がほしい

あと当てはまったのが「寝心地が悪い寝具を使い続ける」。

枕を買いかえたいと思いつつ早10年。

友だちが自分のテンピュールの枕を彼氏の家にも持っていくくらい、それじゃないと寝られないというのを聞いていつか買おうと思いつついまだに実現してません。

1万円ってちょっと悩むよね。枕に1万円。

でもちまたに睡眠グッズとか出回ってるから、それを買い集めていったらすぐ1万円になりそうだし、それなら最初からテンピュール買ったほうが費用対効果高そう。

あとはうち羽毛布団じゃないんですけど、やっぱりいいのかな。

夏涼しくて冬暖かいって言うじゃない。

羽毛布団はピンキリで下は1万円から上は5万円とかで、でもどうせ買うなら、経験上、良いのをはじめに買うべきなのはわかる。

そうすると5万円飛んじゃう、あ、1枚でね。家族の分もだったら10万円…。

10万円なんてそうそう出せないから、まずは枕から考えてみますか…。



熟睡できない原因はまずは買って解決、習慣はあとまわしにする

内容を読んでみると、寝付けない、熟睡できない原因は7つにまとめられていますが、実は解決方法は以下のように分類できます。

①寝る直前のスマホ→ブルーライトフィルムを買う・ブルーライトカットメガネを買う

②寝る時の服装→快適なパジャマを買う

③うたた寝→これは生活習慣なので難しい

④イライラしたまま寝る→メンタルなので難しい

⑤寝心地の悪い寝具→枕を買う・うつぶせ寝は生活習慣なので難しい

⑥寝室の掃除→生活習慣なので難しい

⑦ベストの睡眠時間→いろんな時間に寝て起きてみる

生活習慣に関しては続きにくいしすぐ結果が出ないから難しそうですが、それ以外なら、要はお金を出せば解決するものもあります。

こういう買ったらすぐ解決しそうなことを優先的にして、できない・続けられない原因をどんどんつぶしていくのが私的にはおすすめ。

何個当てはまるかは人それぞれですが、買って試したら寝付けないのが解決する人もいそう。

そうしたら面倒な生活習慣の改善とかしなくていいしラッキーですよ。

せっかくモノが充実している現代ですから、どんどんそういうものに頼っていきましょう。

スポンサードリンク