1年に1回、何をやろうとしても何も浮かばないときがある【早起き1,225日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

頭の中が無になるとき

おはようございます。まる(@hayaokimaru1)です。

昨日、飲み会の前に少しでも自分のことやろうと思ってパソコンを持っていって、カフェに座ってたんだけども、なんかなあ。

なーんかタイプが進まず、結局ウーンってうなったまま終わってしまって。

で、今朝も、昨日の二日酔いとかあるわけじゃなく(ちょっとは眠いんだけど)、朝から掃除して、洗濯して、猫のトイレ掃除して、よしブログ書こうと思っても…何も浮かばないのです。

こういうのスランプっていうんでしょうか。

いや、言わないか。私はそんなスランプと言えるようなプロレベルの人間でないし。

でもとにかく、1年に1回「何やろうとしても何にも浮かばない」っていうときがあるんですよ。

それが昨日から今日にかけてね。

別にそうなって不安だとか、気分が落ち込んでる証拠だとかそういうんじゃないんですけど、ただただ頭の中が「無」。

まとめ

解決方法としていいのは、まずは読書。

先週けっこう本を買ったのでそれを読むか。

あとは人のブログ読むっていうのも刺激になりますね。

ビジネス書も自分は好きだから、そういう関係のハウツーとか最近出た大全系を見るのもいいか。

いずれにせよ、このあいだの日帰り旅行とはまた違った、脳内のリフレッシュが必要そうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る