100万人に1人の存在になるには【早起き733日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パーソナルマーケティングの本

おはようございます。まる(@hayaokimaru1)です。 

1ヶ月1習慣として今年からやっている私の3月の「スマホいじりの悪習慣をやめること」ですが、ブログに書いて宣言したからか、とても意識しているのでいまのところ守れています。

「あ、無意識にアプリボタン押したな」と思ったら即閉じて、代わりにAmazonKindleアプリを開いて読書の続き。

1月のインフルエンザ開けの読書習慣が続いて続いて、3月もけっこうなペースで読めてて満足してます。

それで最近読んだ中から今日はこの1冊を。

本田直之さんのパーソナルマーケティングというもの。

この本は以前に他の人のブログで良いよってすすめられててAmazonのほしいものリストに入れていたんだけど、レビューを読む限り「ま、とにかく実践することですね」みたいなことが書いてあって、それ身も蓋もないじゃんって思って買うのを躊躇してました。

でもほしいものリストにあるままだと気になるじゃないですか、読書月間だし読むものなくなっていくしで、結局買ったんです。

スポンサードリンク


100万人に1人の存在になる

で、この本はパーソナルマーケティングというものなのでどういうのかと言うと、一言で言うなら「無名の個人が自分ブランドを構築する」、自分はどんな人間なのか、人より何が秀でているのかを示して自分の市場価値を高めましょうってことです。

ここからちょっとずれますが、本の中で「自分のキャッチフレーズを持つ」、「キャリアをミックスさせる」っていうのがあって、そこから思い出したことがありました。

1つのことを1万時間やったら100人に1人の存在になれる
また1つのことを1万時間やったらさらに100人に1人の存在になれる
また1つのことを1万時間やったらさらに100人に1人の存在になれる

そうすると

1/100×1/100×1/100=100万人に1人の存在になれる

これはそもそもは確か藤原和博さんが言い出したことだったように思うんだけど、それを読み直した感じですね。

私はこの内容を思い出せて、さらに本田さんの本で再認識できたのが良かった。

Twitterの自己紹介欄を書いたのもこれを読んだから。

今の自分は何に興味があって、自分を表す言葉は何か。

その中でさらに自分が時間をかけてきたものは何か。

私だったら、この2年だけでもおそらく

・早起きして
・かつ朝に毎日ブログを書いている

というのだけですでに1万人に1人の気がするんですけどどうでしょうか。

早起きもブログもそれぞれだったら100人に1人はいるでしょうね。

でも特にブログの方は2年毎日書き続けている人ってあんまりいない気がするので…。

ということで、私はあと1つ何かを1万時間じゃなくても続けられたらいいなーと思ってるんですよ。

それが何かを見つけるためにも客観的に見ようとTwitterの紹介欄書いたけど、今のところこれっていうのがないなあ。

まとめ

でもね、2年で1万人に1人の存在に(多分)なれただけでも私は嬉しい。

しかも早起きとブログはさらに今後も続けていくし、続けたいから、どんどん経験値が積み重なっていく。

これにあと1個足すのなんて今さら労力としては変わらないだろうから、これからあと1個を見つけたいと思います。

あなただったら何がありますか?

1個は必ずあるはず。

資格だったり趣味だったり、あなたからしたらただの習慣でも、人から見たら「続けててすごい」っていうもの、けっこうありますよ。

マニアックなものほど確率として狭まっていきますから、そういうのある人は良いですね。

スポンサードリンク