ランニング1ヶ月で変わったこと3つ【早起き518日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ランニングを始めて1ヶ月。ペースはこんな感じ

おはようございます。

東京は久しぶりに快晴。やっぱり朝から明るい陽射しがあると気分も上がりますね。

さて、1ヶ月前からランニングをはじめている私まるですが、たった1ヶ月で変わったことがたくさんあったので、今日はそれをお伝えしたいと思います。

ちなみに走る間隔は、2日に1回くらいのペース、土日はほぼ両方ともと言った感じです。

まだまだ始めたばかりで体力がないため、車や自転車があまり通らないという理由で自分で決めたランニングコースに出るまでは歩き、帰りも歩いています。その時間往復にして20分〜25分。

残りの35分〜40分をランニングして、毎回1時間で帰宅する流れです。

こんなゆるいペースでも、1ヶ月経つと特に3つの点で成長しましたので、これからランニングを始める人にはぜひ参考にしてもらいたい。

ランニングでついに3km走り続けられるようになった

まず1つ目は、やはり走れる距離が伸びたこと。

ついに前々回から、ランニングコースを往復で一気に走る抜けることができるようになりました!

距離を測ったことがないんですが、GoogleMAPで見る限り、おそらく全部で3kmはあるかなーと。

本格的にやってる人からすれば「まだ3kmかい」ってなると思うんですが、でも私なんて始めた当初、片道1.5kmの半分も、いや1/3も走れなかったんですよ!

時間にして3分も走り続けられなかったという。

それが今や往復ですよ、この1ヶ月でここまでできるようになるとは正直思ってませんでした。

そもそも体力もない上にフォームも固まってなかったし、途中ヒザを悪くしてウォーキングしかできない時期もありましたが、ようやくここまできました。

スポンサードリンク


2kg太った

2つ目は、体重が増えたこと。しかも2kgね!

こう書くと、「うわー悲しい結果じゃん」と思う人もいるかもしれませんが、私は全然そうは思ってません。

むしろ「筋肉ついたぜ!」と喜んでいます。

重さとしては、脂肪<筋肉なので、1ヶ月で2kgって相当身体が変わってるはずなんですよね。

実際、自分の身体を鏡で見ても、うーーーっすらですが、腹筋がタテに筋が入ってきました。

腹筋を割るには、まずタテの線が入って、その後横に割れていくというイメージなので(合ってますかね)、まずタテに線が入ったというのが私からしたら何よりも嬉しいんです。

あとは、身体のバランスとして太ももが太いのが気になっていたんですが、これもちょっとだけ、太ももの後ろであるハムストリングスが鍛えられた気がします。

ランニング講座のときに、先生から「本当に正しいフォームで走っていたら、本来は翌日身体のどこも痛くないはず」と言われたので、それを信じて、翌日の身体のチェックをしていますが今のところどこも痛くないので、それなりに正しいフォームでは走れているようです。

このまま続けていったら、正しい位置に筋肉がついていくんじゃないかなーと期待しています。

体力が超ついた

“体力がついた”ではありません。

体力が“”ついたです。

毎年梅雨あけくらいから夏の暑さに勝てなくて、最初のほうに軽い夏バテを起こして食欲がなくなるんですが、それが今年はまっっったくありません。

あの例年の3食麺類しか受け付けなかった日々は何だったんだろう。

今やお肉を食べたくて仕方ないです。ギブミー肉。

あっつい昼間に、焼肉やステーキを食べるのも全然平気。

おそらく走って基礎体力がついたせいで、筋肉を燃やすのも、そのまたエネルギーにするものも必要になって、相乗効果でどんどん身体が強くなってるんでしょうね。

休みの日に強い陽射しを浴びながらウインドーショッピングをしても「もうカフェ行きたい!涼しいところで冷たいもの飲みたいぃ〜」というのも減りました。

ちなみにランニングで足を上げるときに、はじめたころ自分でも足を引きずっていることが気になっていたのでそれを直すようにしたら、普段でもヒールを履いていて引きずることが減ってきました。

これも足の筋肉が鍛えられてきた証拠。

まとめ

私がランニングを始めた理由は、そもそも会社でたまったストレスを吐き出すところが欲しかったからです。

酒でもなく、お菓子でもなく、どうせなら身体が健康になりつつメンタルもスッキリするものが良かった。それで選んだのがランニングでした。

今のところ仕事であまりにムカつきすぎて「うおぉぉぉぉぉ」ってなって家を飛び出して走ったことは1回しかないですけどね(あるんかい)、そういう発散の場として残しておくのはもちろん、でもここのところ9割くらいは単純に「走ったらスッキリする」くらいの気持ちでいます。

あとランニングのあとにプロテインも飲んでいて、これが美味しくて美味しくて、この1杯を楽しみにしているのもある。

きっかけはどうあれ、継続スイッチは何であれ、今のところ続けられていて、そして効果が出てきただけでもとても嬉しいです。

今はもうヒザも完治していて、さらに基礎体力もついたので、これからこそフォームをもっと意識して、より力の抜けた早いペースで走れるようになりたいな。

ランニングはこだわればウェアとかお金がかかるけれど、そういうのがなければ身ひとつでいきなり始められます。

初期投資なく、これだけメリットを得られるものもあまりないと思うので、あなたもどうですか、まずは部屋着で1km。

スポンサードリンク

コメント

コメントは停止中です。