ランニング1ヶ月半で女性でも腹筋が見える!走る距離は?【早起き527日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ランニングを始めたきっかけとメリット

2017年6月25日のランニング講座に出てから早1ヶ月半のまるです。

1ヶ月半の間なんとか飽きることもなく、いやむしろランニングを楽しみにここまで続けてこられました。

きっかけは、ランニングするとストレス解消すると知り、仕事で「くっそー!」ってなった気持ちのぶつけどころをこれにしたら、アドレナリン、エンドルフィン、ドーパミンなど気持ちが上がるものがたくさん分泌されて、結果スッキリしていいんじゃないかと思ってはじめたのでした。

でも実際走ってみたら、確かに始めのうちはそうだったんだけれども、だんだん“走ること自体が楽しくなって”きたんです。

あの走っているときの集中している感覚、走ったあとの爽快感、「今日も走った!」という達成感。

そして次第に疲れにくくなり、走り続けられる距離も伸びることで得られる自信。

正直、走り始めるまでは、家を出るのが少しおっくうに感じられるときもありますけど、でもランニングウェアをあらかじめ準備しておけば、それを勢いで着てしまえば、とりあえず外に出る。

そうしたらちょっと歩いているうちに次第に「走ろうかな…」という気持ちになり、結局は本気を出して走っているんですよ。

それを1日、2日…と続けていくと、気づいたら1ヶ月くらい経っていた、ということになってました、私の場合は。

この間なんて、ホルモンバランスの関係で1週間走れない時があって、そのときはもう「あーー走りたい!」というものすごい願望が出て。

スポーツを9年間やっていた学生時代に一度も感じることのなかった「走りたい!」という気持ちが、まさか30代になってから出るとは思いませんでした。

それくらい、ランニングって単純だけど、楽しい気持ちにさせてくれるものなんです。

スポンサードリンク


ランニング1ヶ月半で体型に変化が

さて、ランニング1ヶ月半で気持ち的な部分が変わったのと同じくらい、いやそれ以上に変わったことがあります。

それが体型の変化。

始める前の想像では、身体を動かすもの何でもが、変化が現れるのが3ヶ月後くらいだろうと思っていたんですが、これが違った。

単純な動きであるランニングでさえ、短期間で身体がすごく変わります。

何が変わったって、まず一番大きいのが、お腹のへそのちょっと上あたりに大きなくぼみができた

おお!ついに私にも腹筋らしきものが!

調べてみたら、これは腸腰筋が鍛えられたからみたいなんです

そもそも私、1ヶ月で体型が変わるなんて思ってなかったので鏡で自分の体型を見てみるとかしてこなかったんですが、この間ちょうどお風呂上がりに見るときがあって、そしたら「あれ!?」ってすっごいビックリしました。

素人目にもわかるほどのくぼみで。

あと、このとき一緒に気づいたんですが、二の腕に筋肉がついてた

二の腕なんて、私ランニングのときに腕をふらないようにしてたから、全然気にしてませんでした。

腕をふらないのは、ランニング講座のときに、先生に「ランニングというのは基本頭が前に出て、その勢いで上半身、下半身、足も前に出るものなので、腕は最悪振らなくてもいいんです。ついてるだけ」と言われていたので、私も走るときに特に降ることなく、ほとんどダラーンとした状態にしてました。

でもつくのね、筋肉!

肘を上げてわざわざモリっとさせなくても、ダラーンと下に下ろしてるだけでもちょっとムキっとなっているのがわかります。

もしかしたら後ろがわの、お尻とか、ハムストリングスとか、背中も引き締まってきているのかもしれませんが、そのお風呂上がりのときに確認しなかったので、そのうち見てみようと思います。

あ、そうだ、昨日家族には、「ふくらはぎが筋肉ついてきたよ」と言われました。おお、ふくらはぎまで!

走っている時間と距離は

たった1ヶ月半で、お腹にくぼみ(腸腰筋)ができ、二の腕に筋肉がつき、ふくらはぎも鍛えられて、じゃあまるはどれくらい走ってるんだ、けっこうな距離なんじゃないかって思うかもしれませんが、それが全然です。

この1ヶ月半、同じ距離を往復で行って帰っていますが、その距離がGoogleMAPで見るとだいたい5km

しかも始めたばかりのころは、ぜんっぜん走れなくて一度に走れるのが1分で、残りはずっと歩いてました。

それが1週間したら2分走れるようになって、2週間で5〜7分走れるようになり、3週間で片道…と、だんだんと走れる距離が伸びていくようになりました。

でもそれでも全距離を走れたことはなくて、今でも15分連続で走れるけど、5kmのうちの行き帰りのクールダウンのときは歩いています。

でも、1ヶ月半の間、週3回の頻度で、5kmの距離のうち15分走って、残りは行きに早足、帰りをゆっくり歩きでも、これだけ身体が変わります

まとめ

もし、ランニングという有酸素運動で痩せたい、筋肉が欲しいという人には、特に女性には、まず1ヶ月だけ頑張ってほしい。

1ヶ月で絶対に体型は変わります。

走っている時間がたとえ5分でも、残り30分とか40分歩くだけでも違います。

正直、全然走らなくても、1時間とかちょっと早足で歩くだけでだいぶ筋肉がつくんじゃないかと私は思ってる。

体型だけじゃなくて、これをやると普段の生活でも、階段の昇り降りとか、ウインドーショッピングとかでも疲れにくく息切れしなくなります。

疲れないのだから、楽しめる時間が増える。

それだけでもとても嬉しい変化ですよね。

今は真夏で昼間は暑いけど、夕方になって陽射しが弱くなってきた時間から、日が落ちるまでの間だけでもどうでしょう。

そして1ヶ月経った9月になると秋風も吹き始めて、涼しくなってさらにやる気が出ちゃうかもしれませんよ。

スポンサードリンク