腹筋を割っても早起きしても人生は確実に変わる【早起き446日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

早起きして自分が変わったなと感じる

最近、自分が早起き前と比べて変わったなとよく思います。

おそらくそれは大好きな新緑の季節だからで、すべてが生まれ変わるような若葉があって、朝の陽射しが強いからかもしれません。

でもそれを差し引いても、心の奥底から湧き上がる充足感がすごい。なんかブワーッと全身に広がってみなぎる感じ。

それは早朝だけでなく、例えば仕事終わりの疲れた身体で帰っているときでも訪れます。

で、どうしてこんなに自分が変わった感じがするんだろう、早起きしてから何したっけなーと思い巡らせてみるも、案の定記憶力が悪い私は2つくらいしか思い浮かばなくて(しかもそれが数日続いた)、でもその充足感をなるべく長い間持っていたかったから、さっき自分が書いた早起き1年目の節目の記事を見返してみました。

そうそう、そういえばこんなことあったね!

早起きして始めたこと・変わったことって、

・365日毎朝ブログを書いている
・帰ってすぐお風呂に入るようになった
・朝の読書習慣
・寝酒をやめた
・朝にアロマをつける
・朝と夜にストレッチ(←NEW!)

あらこんなにあった!しかも大きいことでもこれだけあって、それ以外にも朝ごはんにナッツとか、ナッツは今会社のおやつとしても食べてるし、白湯飲んだり、時間管理や時短だったり、便秘解消、家計簿管理のスリム化などなど…。

やっぱり変わってるね。

そりゃ充足感あるわよね、自分の将来に悩むこともなくなったし。というかやりたいことがどんどん出てきて、悩む時間がないというのが正しい。

で、この充足感が何から来てるのか、私ずっと考えてたんですよ。

そうしたら気づいたんです。すべての始まりは早起きにあって、そのたった1つを成し遂げただけですべてが上手くいっているんだと。

別に早起きじゃなくてもいいんですよ、ただ私の場合は人生変えるのにお金がかからなくてすぐに始められるのが良かった、それだけです。

で、その1つが上手くいくと、他のものも習慣にできるんじゃないかな〜というフワッとした自信が生まれるんです。まだフワッとした感じですよ。

で、2つ目の何かに手を出してみると。2つ目は早起きの勢いを削りたくないのでちょっと軽めのものとかにして。で軽めだから当然続く、そうするとまた習慣になったことが嬉しくなって、自信につながって、また次のもの、次のもの…ってどんどんできることが増えていくんです。

そのサイクルができると、そのうち難易度の高いもの、私だったら小さいときからずっとコンプレックスだった“身体がかたい”ということを解消しようかなと思うようになるんですね。

それで今やっと、30年以上たってからそれを始めたところです。

スポンサードリンク


腹筋を割っても早起きしても人生は確実に変わる

話がちょっとずれますが、何で今日こういうことを書いているかというと、昨日こういう記事を見たんですね。

Yahoo!から辿っていったら、ライフハッカーの記事でした。

life hackerー「腹筋を割ると人生が変わるシンプルな理由」

私これを読んで「そうそう!!」って納得しっぱなしでした。

早起きもまったく同じ構造なんですよ。

腹筋が割れていても、“洋服を着ていたら、その下に割れた腹筋が隠れていることなんて見えません。”

早起きもそう。早起きできるのは珍しいかもしれないけれど、実際は他人からは見えない。

“女性が群がってくることも、男性に羨望の眼差しで見られることもなく、ただ割れた腹筋を維持するために神経質な食生活をしていることで、ちょっとした注目を浴びただけでした”

早起きも、それを維持するために神経質な時間管理をしているだけで、羨望の眼差しなんて一度も感じたことありません。

“「体を鍛えること」と「腹筋を割るほど鍛えること」の違いはほんの少し”

そう、5時に起きても6時に起きても、その違いはほんの少しなんです。

だけども…。

“目標を達成すると、驚くべきことが起こります。自分の人生のあらゆることができるようになると気付くのです。”

…コレ。

まさに今の自分コレ!

腹筋割るのも早起きするのも、結局は同じ道を辿り、そして同じ考えに行き着くんですね。そのことにこの記事を読んではっきりとわかりました。

そして一番のメリットである“時間を確保すること”、すなわち克服したいことへの心配や悩みがなくなるから精神力を費やす必要がなくなるのも一緒です。

まとめ

で、始めの私の経験談から今はストレッチをやっていることと、次の腹筋を割るの話をここで総合するんですが、ライフハッカーの記事を読んではたと気づいたんですが、そういえば私、ジムに以前通っていたんですが、同じ系列の店舗を異動して最寄り駅のジムに移った初日にインストラクターさんに聞かれたんですよね。

「まるさんは、このジムに通って最終的にどうなりたいですか」って。

そのとき私こう答えたんです。

「腹筋が割れるようになりたいです。」

これって今こそ叶えるべき目標なんじゃないでしょうか。

1年はムリだろうけど、2年かかっても、3年かかっても、でもその時間をかけられる、待てるような気がするんです、今なら。

だから今、毎日朝と晩にストレッチをやっていられるんですね。

結果が出るのは2年後か3年後か、とにかく道のりが長いことは確かです。

しかもストレッチのみならず、そのあとヨガやキックボクシングもやりたいので、さらに長い旅路になりそう。

でも1年でここまで変われたのだから、3年後に自分がどれだけ変わっているんだろうって今は楽しみしかありません。

そう、“時間を待てるようになった”。これも習慣化の1つのメリットでしょう。

スポンサードリンク