歳取るとなんで花に興味持つのかなと思ってたけど、今まさに自分がそう【早起き388日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

早起きは3〜6月が一番いい

朝目が覚めてから家族と話してたんですが、この時期の早起き、本当にいいですね。

夏至に向けて空は明るく時間は早くなる一方だし、3月中旬になってから東京はグッと朝の寒さも和らいで、エアコンを点けなくてもギリ起きられそうなくらいです。

相変わらず5時30分から45分くらいでお弁当を詰めているんですが、今はちょうど日の出の時間がそのときで、起きてちょっとして動き始めているときに外が明るくなるから、無条件でほっこりするというか、幸せな気持ちになれますね。

何度も言っていると思いますが、寒さが和らいだ3月くらいから夏至までの6月は本当に朝が素晴らしいので、早起きを始めるならこの時期がおすすめですよ。

東京の桜の開花宣言と近所のハクモクレン

東京はおととい桜の開花宣言がなされましたが、昨日、最寄り駅からの仕事帰りの道をいつもと変えて行ったら、なんと近所の家の庭の桜が満開でした!

この地に住んで長いですが、開花宣言と同じか、もしくは早いくらいに近所の桜が咲いたのは今年が初めてではないでしょうか。

一瞬梅が遅れて咲いてるのかと思った。

あと、前に話したこれも近所のハクモクレンですが、すでに満開の時期を終えて、ちょっとずつ枯れはじめてます。

この間休日に家族とその道を通ったので「あの花キレイだよね〜」って言ったら、

「あれ酢豚のタマネギにしか見えない」(←火が十分に通ってないタマネギでアレルギーが出る人)

と返されて、その情緒のない感想って…と思いつつ、的を得すぎて爆笑した私でした。

(あなたももう酢豚のタマネギに見えちゃうかもよ〜)

職場の男性も花に興味あり

それから花と言えば、会社の男性と話していたときに、最近室内に置ける観葉植物に興味が出てきて、少しずつ買い足してると言ってました。

そういえば職場の彼の机の上にも1つ多肉植物が置いてあります。

今調べたらどうもグリムワンとかいうやつみたいで、確かにあれはインテリアショップでもよく見かけますね。

そして多肉植物だけでなく、花でも、ラナンキュラスとか君子蘭(クンシラン)が出てくるのでそれも楽しみにしているとのこと。

「若いときは花とか全然興味がなかったんですけど、歳とったんですかね、ああいうのを見るとホッとするんですよ」って、めっちゃ私と一緒じゃん。

あと20年くらいしたら、お互い盆栽を刈ってるんでしょうか。

花をきれいと思えるのは心が満たされているからかも

自分が若いときは親とかを見て、なんで歳取ると花に興味が出るのか全然理解できませんでしたが、いざ自分がその歳になってみるとそのまんまになってて笑えます。

やっぱりあれですかね、ファッションとかアクセサリーとか、友だちとお茶とか女子会とかそういうのを一通りやって落ち着くと、身近な生活に沿ったものに気づくようになるんですかね。

日々の生活、ちょっとしたことに喜びを見出すようになるというか。

でも今では、それって心が平穏というか豊かというか、満たされているバロメーターなんじゃないかなと思えます。

スポンサードリンク