【タイ旅行】時間がない人向け:バンコクから一番近いタリンチャン水上マーケット【早起き959日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バンコクから一番近い水上マーケットタリンチャン

おはようございます。まる(@hayaokimaru1)です。

さてさて、先月のタイ旅行記をだいぶ書いてきましたが、今日は旅行4日目の水上マーケット編です。

水上マーケットねえ、ガイドブックで見たときから絶対行ってみたかったんですよ!YouTubeでも楽しそうだったし。

ただ、水上マーケットってその名のとおり川沿いなので、どこもバンコク市内から遠いんですよね。

ツアーを組んでバスで行く、タクシーを予約して個人コースで行くというのもアリですが、私はどうしても普通の交通機関を利用して、安く、そして気軽に行きたかったんです。

ツアーって寄りたくないお店寄るし、だいたい水上マーケットツアーってどこも1,000バーツ(4,000円)とかするんですよ、それで考えずに移動できてラクできるっていうのもあるけど、私はそういうことがしたいわけじゃないんです。

とはいえ、旅行のスケジュールを目一杯つっこんでいるのでそこまで時間に余裕があるわけでもない。

スポンサードリンク


ということで、今回選んだのがバンコク市内から一番近いと言われるタリンチャン水上マーケットです。

※タリンチャン水上マーケットはおそらくあなたが想像しているような、船の上で調理したものを地上で受けとるという形式ではありません。

川を船で渡りながら途中途中で出店(マーケット)スポットに立ち寄り、そこで飲み食いするというツアーなので悪しからず。

タリンチャンはバンコクからだと公営バスで約40分かかります。

この1時間も、昼以降は道路がメチャ混みするので避けたほうが無難なので、私たちは朝早い時間で出発しました。

先に他の人のブログやガイドブックで見たとおり、公営バスの79番に乗るべく、まずは79番乗り場のある伊勢丹のあるサイアム駅へ向かいます。

で、サイアム駅についたら伊勢丹めざして歩こう…と思ったら!

偶然横を79番のバスが通り、すぐ先のバス停でとまった!これはラッキー!!

走って追いついて、結果伊勢丹よりだいぶ前のバス停で乗ることができました。

乗ったらバスの車掌さんに「ウォーターマーケット」と目的地を行って(と言っても外国人なのでタリンチャンに行きたいことはあちらもわかってる)、17バーツ(70円弱)を払えば、あとは目的に着いたら車掌さんが「ここですよ」って声をかけてくれます。

私が乗ったときは女性の車掌さんで、素晴らしい笑顔で声をかけてくれて嬉しくなったわー。

ちなみに降りたところは細い道の普通のお店の前。

そしてその目の前のセブンイレブンの前が帰りのバス乗り場。

行きは朝だったし道路もすいていて確かに40分で着きました。

さて、この細い道の目の前すぐがもうタリンチャン水上マーケットの入り口です。

ここを左手に曲がると

水上マーケットはこちらと書いてあって、さらにその通りが出店になってました。

土曜日だったからなのか(タリンチャンは土日しか水上マーケットツアーはありません)朝市やっていて。

これが結構なんでもあるんですよ。

植木やら

果物屋さん

肥料も(ペットボトルに入ってるのって使いやすくないですか)

食べ物屋さんも多数!

そしてその通りをまっすぐ進むと水上ツアーのチケット売り場の案内が。

売り場の人に2時間コースをすすめられて「じゃあそれで」ってそれにしたんですけど、あとで見たら1時間コースもありました…。

1時間コースでも良かったかなあ…まあでも仕方ない。

こういうツアーは何パターンあるのか先に全部聞いてそのあとで決めましょうね。

ちなみにトイレは出店のとおりのすぐ横にあって無料で使えますが、いつものとおりティッシュは付いていないので自分で持っていきましょう。

スポンサードリンク


タリンチャン水上マーケット2時間コースの内容

出発時間まで20分、トイレへ行って出店を見て、

生演奏を聞いたりしたら

時間になったので、チケット売り場奥の乗船場に行きます。

このときは一船に全員乗りました。

席は固定ではなくて、途中寄るところからまた乗ると毎回席が違っても良いんですが、おすすめとしては真ん中より少し前方ですかね。

川の曲がり角などで対抗から来る船にこちらの船が来たことを知らせるため警笛を鳴らすのですが、その警笛の音がかなりうるさくて後ろでビービー言うので、私は座らなかったけれど後ろの席はかなり気になると思う…。

さて、一人ずつ乗船したらいざ出発。

この日は曇り、雨がたまーにポツポツ降るくらいで傘はいらない程度。船が進むと風が流れてちょうどよい気候。

私の勝手な想像では、水上マーケットに行くまでってひたすら川の上をビューンって船で行き帰りするだけかと思いきや、川の両側はずーっと家が連なっているんですよ。

私たちは川沿いにずっといるのですが、しばらく行くと、川|家|道路とあって、実はこちらから見えている家のすぐ向こうは道路なんです。

だから一見川の上に住んでいるように見えて、実はベランダが川の方を向いているだけ。

まあそうだよね、川の上に木々で覆われた庭があったらわざわざそんなもん作ったのかってビックリするわ。

リビングがガッツリ川に向けてオープンなおうちもけっこうある。

蚊が出ないのかとか豪雨で増水しないのかが気になるけど、こういう普通のときはリビングのイスに座って川が見られるのは羨ましい。

早起きしてイスに座って川を見ながらコーヒー飲むとか普通の家ではない景色ですもんね。

乗っている間はずーっと船頭さんがガイドとしてしゃべってくれます。

タイ語なので現地の観光客しかわからないんだけどよくそんなにしゃべってられるねってくらいしゃべる。

これだけ水路が発達していると当然ながら標識もある、と。

川の上に建っている(ように見える)家を眺めるのが珍しくて楽しくて、最初の水上マーケットにつく20分ほどは全然飽きませんでした。

この船乗ってるだけでも十分イベント。

1ヶ所目は、左手に博物館的な?展示が川沿いにされてる!のが見えて、

右手に飲食店のカウンターにいる人たちが見えるのが目印。

船着き場につくころにこれまでタイ語でずっとしゃべってたおじさんが急に英語で「次の集合時間は○時○分です」って言うので、これは絶対聞き逃さないこと。

(私はバッチリ聞き逃して家族に言われるまで気づきませんでしたよ…だって急にチョロチョロっと英語で言うんだもん。2回目からは学習した)

※同じ船着き場に戻るので場所を忘れないように。

※迷子になるのを防ぐには
①船の上の屋根の色を覚えておくこと(グリーンやブルーがある)
②ツアーで一緒になった人を数人覚えておくこと
船頭さんはマイクもスピーカーも持ってないし、最悪戻ってこないとマーケットにそのまま置いていかれます(ツアー途中でもね!実際2箇所目で置いて行かれそうになったカップルがいて、発進してすぐに他のツアー客が「あそこにいるよ!」って船頭に伝えてぶじ拾われました)

スポンサードリンク


この2時間コースは3ヶ所よりますが、この1ヶ所目の水上マーケットが一番大きいところなので、食べ物を買いたい人はたくさん買うとよいです。

滞在時間は30分だったかな?短いので、ちょっとトイレに行ったりマーケットをただ回っているだけだとすぐ終わってしまいます。

気になるものがあったらとりあえず買って、あとは船に乗っている間に食べるのがベスト。みんなそうしていました。

お寿司のかたちだけど甘いお菓子ぽい

焼き上がりが待てる時間なら食べたかったな

タイの観光地行くとかならずいるドクターフィッシュ。そんなにタイで人気なの?

私たちは串モノだけ買ってその場で食べる程度でした。

で、集合時間になったのでまた乗って、2箇所目のスポットに向かいます。

(船で足は伸ばせず、隙間もこの程度なのでヒザが動かしにくいキツキツパンツはやめたほうがいいですよ、あと靴はスニーカーがベスト)

2箇所目はお寺が目の前にあるこちらのマーケット。

ていうか、これもう日本で言う地元のお寺の小規模なお祭りみたいなもの。

出店あり、射的なんかのゲームあり、そしてお寺でお参りする人多数みたいな。

さっきのマーケットでは串モノしか食べてなくて少しお腹がすいたので、私はこの見た目からは味が想像できないものを買ってみました。

うん、甘いね。下の記事はえびせんべいの薄いやつ、そして上はメレンゲのホイップ感がなくなったやつで砂糖バッチリでした。

お菓子感覚ですかね。(帰国後カノム・ブアンと知る)

一応船の上で料理つくっている人がいたけど

忙しそうだったし私たちも食べるまで時間がなかったのでやめておいた。

ここは小さい場所なのですぐ見終わって、トイレに行って船が戻ってくるまでしばし休憩。

そして再出発。

3ヶ所目は、なんとナマズの餌付けでした。

船に乗ったままで、陸にいるおじさんにお金を払ってナマズの餌になる食パンをもらって川に投げるシステム。

なんか嫌な予感…

案の定、船がとまって少しすると周りにゆらゆらナマズが寄ってくるの!なんか怖くない?

私はパンを買わなかったんだけども、私の後ろの席がパンを買って、しかも遠くに投げてくれればいいのに船のすぐ近くになげたせいで!!ナマズが近くでビッタンビッタン水しぶきをあげながら集まる集まる!

景色がグロいし私びしょ濡れ!

おかげでちょっとブルーになったけどこれもツアーだからしょうがないよね。

そして3箇所目まで終わったので、最初の乗り場まで船で戻ります。

おうちは古くても祭壇は極彩色で大きくて立派な家がけっこうあって、タイの人の信仰心はすごいなと感じました。

最初の乗り場が見えてきて。

もう2時間以上乗ったけど十分満足!

最後に市場でちょっと一口

魚介類やお肉であたったら船に乗ってられないなと思って食べ物にほぼチャレンジできなかったので、船を降りて少し食べ物がほしくなった私は、こんなものを買ってみました。

とうもろこしジュース(まんまの味。でも味自体が濃い)

杏仁豆腐みたいなやつ

これは冷えてて、タイのスイーツなのに珍しく甘すぎず美味しかったー

想像とはちょっと違った水上マーケットでしたが、それでも船に乗れたり市場を見られたり、体験として最高に良かったツアーだった!

あとは帰るだけで、来たときに確認したセブンイレブン前で待ち。

(1バーツ払えば靴をはいたまま乗れるという体重計がセブンの前に)

バスがなかなか来なくて30分以上待たされましたが、のちにバスが大混雑で1時間もかかったことを考えれば、ここで乗って座れたのはラッキーだったんでしょうね。

まとめ

船の上で調理したものをもらって食べるというツアーではなかったけれど、個人的にはかかった時間や費用対効果を考えたら十分楽しめる内容でした。

いやむしろ乗船料金安いくらいじゃないでしょうか。

バンコク市内→タリンチャン→バンコク市内まで6時間見れば大丈夫と思うので(でも帰りのバスの混み具合は未知数)、丸1日はないけど半日なら空けられるという人、バンコクからちょっと遠出して体験モノをしたいという人にはぜひオススメしたいコースです。

スポンサードリンク