那覇で絶対行ってほしいテビチの店maru CAFE【早起き975日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今までで一番おいしいテビチの店発見

おはようございます。まる(@hayaokimaru1)です。

私、一時期沖縄に住んでましたし、那覇でも、東京に戻ってからもたくさん沖縄料理を食べてきましたけど、テビチってあるじゃないですか、あの豚足を煮込んだ料理、あのテビチが今まで食べた中でダントツ美味しいお店を発見しました。

まあ発見したっていうより食にこだわりのある家族が「ここに行きたい!」って見つけてきて連れて行かれたんですけどね、そしてベースは料理人の方がフレンチらしいのでメインはそっちなんですけど、まあここのテビチがうまい!

なんとテビチが食べ放題

要はメインの料理を選んで、サラダやスープはビュッフェスタイルってあるじゃないですか、あのビュッフェスタイルの中にテビチがあるんですよ。

テビチって東京では居酒屋の普通メニューにないし、なんたって豚足だからお肉の塊でお値段かさむイメージで、でも沖縄だと割とポピュラーだから居酒屋メニューには普通には載っているとはいえ、それでも食べ放題ってやるほど安くはない。

そんなテビチもまあ美味しくない店だとただ脂っこいだけで(豚足は脂がほとんど)胸焼けして気持ち悪くなるんだけど、ここのは本当に美味しい。

私3皿おかわりした。

スポンサードリンク


maruCAFEさんはフレンチベースで味が繊細。テビチ食べ放題

お店はmaru CAFE(マルカフェ)といって、まあこのあたり“まる”っていう名前がかぶるのもご縁があるんでしょうか。嬉しい。

ただ場所がちょっと那覇の中心部、国際通りからは離れてまして、私たちはレンタカーしていないので国際通り端っこの安里(あさと)まで歩いて、そこでタクシーを拾って行きました。

 

 

maru CAFEまでは安里からだったら車で15分くらい、料金は1,300円くらいだったかな?

沖縄ではGoogle Mapsを使いこなして目的地がわかる運転手さんはまだ少ないので、「仲井真(なかいま)交差点で降ろしてください」って言えばわかります。

仲井真交差点は大通りと大通りがぶつかるところですから。

まああんまり居ないと思うけど私たちのときは「通りのどっち側で降りますか」って聞かれて正直うちらも交差点のどこで降りたら近いかわからないから、「交差点手前の適当なところで停めてください」って言いました。

仲井真交差点まで着けばお店は角っこ曲がったところすぐにあって、看板も見えるので、これを目印に。

駐車場もあるので、車で行く人はこの看板下の駐車場に停められると思います。

お店の入り口はこんな感じ。

入り口の看板

中に入ると、目の前にカウンター席があって、左にテーブル席、奥には座敷席がありました。

那覇中心部から離れてるし、さっきまでガンガラーの谷ツアーに行ってたからお昼が遅くてもしかしたら全然人がいないかなーなんて想像していたらとんでもない。

めっちゃ混んでます。

しかも80%おしゃれ優雅マダム!

あとは子連れが20%。

なんか都心で見るような、銀座とかさ、ああいうところで優雅にランチしているような人たちだらけだったから家族に「仲井真のあたりはマダム地区なの?」って聞いたら「そういうわけではないと思うけどなあ」って言ってたけど、いやいや超優雅ですよ。

でもそれもこれもきっとシェフのベースがフレンチで、あとから出てくる料理やその盛り付けがオシャレで値段設定も沖縄の中では若干高めだからだと思う。

私はサバのパン粉焼き(ご飯は玄米かor白米で玄米をチョイス) 1,090円

家族はチキンのトマトソース煮(玄米) 980円

これメインを選ぶときに気にしてほしいんですけど、なにしろビュッフェのテビチが食べ放題でしょ?お肉ってことは、ここでハンバーグでもいいんだけど、そうすると肉&肉になっちゃうわけですよ。

それで私はサバにしたのです。

あとはパスタやオムライスっていうのもあるので、それを選ぶのもいいかもね。

で、メインのビュッフェですよ、テビチですよ!

ビュッフェコーナーはサラダとスープ(このときはパンプキンスープ)、テビチがありまして、先に言っておくとここに置いてある沖縄の豆腐である島豆腐ね、これがまた私昔から大好きで、住んでたときも毎日島豆腐買って、ノンオイル青じそドレッシングかけて食べてたくらい。

東京の沖縄専門店で島豆腐買うと高いので普段は買えなくて、もうここでめっちゃ食べた!おかわりした。

そしてメインのテビチ。

ここのテビチ、何が他のお店と違うかというと、

テビチってどの店もやわらかく骨がスルッと抜けるまで煮込まれているのは普通、デフォだけど、そこからこの店は味つけと脂の抜け具合が断然うまい。

味付けはどこも出汁、黒糖、醤油なんだけど、マルカフェさんはまず甘みが強めなんだよね。

この甘味が優しくて、しつこくなくて、ただ大量に砂糖を入れたのとは違う。しみーる甘み!

醤油も丸みがあって角がなく、濃いわけではないけどしっかりついている。

これは出汁がしっかりしてるのであって、醤油をたくさん入れて一気に煮て濃い味にしてるんじゃないと思うな。

あと脂ね、豚足とかテールとか、脂分の多いお肉を料理したことある人はわかると思うけど、お肉の脂をほどよく抜くのって難しいんですよね。

一気には抜けないし、でも抜きすぎると美味しさまで逃げちゃうし。

マルカフェさんはその脂の抜け具合がちょうどよくて、この豚足から出た脂が染み出たスープだけでご飯食べられるわー。

まあさすがに3皿目で若干脂がきつくなってきたけど当たり前だわね、食べ過ぎ…。

スポンサードリンク


メインの料理も繊細で美味しくて、フレンチってソースが命って言いますけど、料理自体も繊細だから、だからこそテビチの調理や味付けも繊細なのかなーと思いました。

あ、あとこのお店はティラミスも評判らしく

+200円で食べられます。

私はテビチ食べすぎてお腹がパンパンだったので、家族が頼んだのを一口もらいました。確かに美味しいわこれも。もったり感があって重め好きさんにはぜひおすすめしたい。

まとめ

もしマルカフェさんのテビチを食べてみたい!という人、那覇に行けなくても大丈夫。

パウチに入れて全国配送してるらしいです。お店の人に聞いてきました。

まあ1コ260円もするのがお店で直接食べると食べ放題だしアツアツで味しみっしみでそれが一番良いんだけど、まずはこれでお試しする手もあり。

テビチはぜひ和がらしをつけるべし。美味しさ2倍。

スポンサードリンク

コメント

コメントは停止中です。