ブログを音声入力で試してます【早起き735日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログを音声入力。リモートマウスを調べる

おはようございます。まる(@hayaokimaru1)です。 

今日は実験ブログです。

以前勝間和代さんのブログで「ブログを音声入力している」という話が出てまして、私も音声入力は気になっていたのですが、どうもリモートマウス(Remote Mouse)というアプリがあるらしいということを昨日やっと調べ試してみました。

リモートマウスは、まず iPhone や Android のスマホにアプリを入れ、その後自分のパソコンに同様にリモートマウスのソフトを入れます。

そして同じ wi-fi で繋いだ状態にすると、スマホをスピーカー代わりに使ってしゃべったものがそのままパソコンの入力画面に反映されるという流れです。

これを使うと私が Android のスマホでしゃべったことが私が使っているブログサービスの WordPress に直接入力できるようになるらしいです。

早速それを昨日試してみたところ、スマホには無事にアプリを落とせたのですが、なんとChoromebookの方はソフトが対応していませんでした。

ソフトがWindows、Mac、Linuxしか対応してなくて…(でもChoromebookは拡張機能かアプリ使うしかないからやっぱりムリなのかもね)

やり方を色々試してみましたがやはり無理そうでした。

スポンサードリンク


ChoromebookでGoogleドキュメントを使って音声入力

ただ一度リモートマウスのやり方を知ってしまうとこんなに便利なものものはないと思ったので、どうにかChoromebookで同じようなことができないか調べてみたところ、Googleドキュメントという、Windowsで言えばワードのような画面を開き、「ツール」というボタンから「音声入力」という項目があるのでそれをポチッとすると、音声ボタンが出て、それをまたクリックすると今私が実はやっているように喋ったことがそのままドキュメントに反映される状態です。

先にネットで調べていたのですが、どうもこの Google の音声入力が非常に精度が高いらしく(しかも精度って漢字が合ってる!)私も期待してやってみましたが、やはりかなり精度が高いです。

ただ、句読点は英語やフランス語の文章でないと反映されないとのことで日本語には対応していませんでした。

それでも、改行や句読点というのは喋りながらパソコンのキーボードでEnterなりを押せばいいだけなので全然苦になりませんし、この時点でおそらく文字数にすると1,000字ぐらいは入っているんじゃないかと思います(注:あとでカウントしたらその半分くらいでした)

私が30分間で打てる最大の文字は、ブログの文字数は考えながらだとして2000字が限界なので、それを考えるとこの話しているたった数分の間にこれだけ打てるというのは素晴らしいことです。

1つ気になることとして、音声入力でブログを書くのとYouTubeのように動画配信するのでじゃあ何が違うのという話ですが、YouTubeの場合は顔出しはしなくてもやっていけますが、ただ見る側としてはYouTubeはほっておいても情報が入ってくる状態で見ていると思いますが、反対にブログの方は自分で画面をスクロールするなどして文字を追っていかないといけない、つまり能動的な状態でないと見られないのでそこが一番大きな違いかなと思います。

情報量とか情報の与え方とかそういうのを別にしてもですね。

なのでしばらくは朝ブログをこの音声入力で書いてみて、これが果たして自分に向いているのかどうか、今までのブログと比べて情報の出し方や内容が良くなっているのかをちょっと時間をかけて試してみたいと思います。

まとめ

ブログで音声入力をやりたいけれどもやり方が分からなかったという人は、パソコンでWindowsかMacの人はリモートマウスのアプリが入るのでそれを使えばいいと思います。

実際に使っている人もたくさんいますのでネットで調べてみればやり方もすぐわかります。

私のようにChoromebookを使っている人は、今のところはGoogleのドキュメントを開いて、音声入力ボタンを押すのが一番早いし、精度も高いと思います。

ただこのままの状態ではWordPressに載らないので、このドキュメントを全コピしてWordPressに貼り付けて、装飾を変えて公開するの流れが必要になりますね。

まあでもWindowsでもMacでもその先は必ず経ると思いますのであまり労力としては変わらないような気もします。

リモートマウスの良い点は、要はスマホがマイク代わりになるので、それを持ったまま多少パソコンから離れても話せばパソコンに反映されるということですね。寝ながらできるとかは最高です。

(ちなみに今日は考えながら7〜8分で話して、若干の修正を加える前では1,794文字でした。修正は15分くらい)

スポンサードリンク