冬に朝カフェをする3つのメリット【早起き289日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

6555202522b0bb519a2f2be52b0f4536_s

朝カフェのメリット

おはようございます。

久しぶりに朝からカフェに来て、朝ごはんを食べながらこのブログを書いています。

私は平日は仕事があるから自室でブログを書いて朝ごはんを食べていますが、休みの日くらいは気分転換したくなるのでちょいちょい朝カフェします。

外で朝の時間を過ごすのっていいところがたくさんありますよね。

1つは、自分の時間、作業に集中できること。

家にいるとテレビを見てしまったり、作業の合間に家事をしたり、ちょっとスマホでゲームとか他のものに気をとられがちです。

でも外で過ごせばテレビもないし家事するものもないし、いい意味でまわりの目もあるから、ちょっとかっこつけて仕事しようかな、勉強しようかなという気になれる。

私だったら、まわりの人の会話がいい感じで響いて、逆にブログを書く集中力がアップします。

さらに窓側の席やテラスに座れば太陽の光をたくさん浴びられてリフレッシュできるし、疲れたらふと先の緑を見たり車の流れを見て休むのも穏やかな気分になれていい。

スポンサードリンク


朝ごはんが選べる、出てくる直前までのドキドキ感という楽しみ

2つ目のメリットは、人が作った朝ごはんを食べられること。

家にいると、当然ながら自分で朝ごはんを作らないといけない。

これは料理するという作業を楽しいひとときにするのには良いのですが、疲れていたり、風邪を引いていたりすると面倒に思うこともありますよね。

また、自分が作る側になってすごく思うことですが、料理を食べる楽しみというのは、目の前に出てくるまで何かわからないワクワク感がセットになってます。

実家にいたときは母親が作ってくれていたのでこのワクワク感がありましたが、今は自分で何を作るか冷蔵庫を開けて食材を選んで、炒めたり焼いたりして、お湯を沸かしてコーヒーを入れてなど途中の作業が全部わかっています。

お腹が空いているのを我慢して頑張って作ったときには、食べる時間を楽しむより単純に食欲から口に運んでいることも。

これらの作る時間をなくして、かつワクワク感をくれるのが外食の良さですよね。

さらにカフェなら店頭にたくさんの美味しそうなパンが並んでいたりして、それを選ぶ楽しさもある。

冬の朝のカフェは空いている

本格的な冬の今、休日まで朝早くから家を出るのはつらいという人もいるでしょう。

でもそれは皆同じで、だからこそ冬の朝のカフェは他の時季より空いてますよ。

これが3つ目のメリットです。

現に今私がいるカフェは春、夏、秋は朝9時の時点でほぼ席が埋まってしまいますが、今日は半分以上空いています。

この時間で隣に座っている人がいないなんてすごく珍しい。

これが混んでいる時期だと、やっと席を見つけられてもそこから作業をするのは次のお客さんが来ることを考えるとためらわれるし自分が落ち着きません。

ストレスがないフラットな状態というのは、ある意味メリットを受けているときより重要だと私は思います。

新しい労力を足さなくてもいいわけですから。

冬なら早起きまでしなくていい、春や秋のときと同じ時間に起きて、同じ時間にカフェに行くだけで十分です。

それだけでも人より先んじて良い時間を過ごせますよ。

スポンサードリンク