早起きのコツ:寝る前にダラダラとお風呂に入る人は帰宅直後にするといい【早起き初日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お風呂

前回のブログで書きましたが、早起きを始めてもう2週間以上経ちますので、早くリアルタイムに更新していけるように、早速初日の2月29日(月)の時間割を書いていきます。

【2月29日(月)】

(朝)

〜6:30 起床
6:00〜8:10 布団をたたんで、コーヒーを淹れて、パンを焼いて朝食
身支度・化粧・髪を結わえるのもこの間に
8:10      自宅を出る

(夜)

〜17:30 買い物して帰宅
17:30〜18:00 お風呂に入る、髪を乾かす
18:00〜19:00 夕食の支度・洗濯
19:00〜19:30 夕食
19:30〜22:00 携帯でネットをする
22:00〜      就寝

こうやってみるとわかりますが、初日から時間割をかなり変えています。

まずは早起きの時間について。この日は、当面の目標である午前6時起きに辿り着けるように、でもムリをしないようにと、理想の午前6時とこれまでの起床時間午前7時10分の間をとって、6時30に起きました。

実際に起きてみると、いつもと40分しか違わないせいか、早起きした実感はほとんどありませんでした。

いつもの行動であるカーテンを開けて朝日を浴びたり、布団をたたむなどを少し緩やかにしただけで、すぐに時間経っちゃいましたしね。

とはいえ、自分の実感はなくても周りからすると明らかに余裕が違うようです。

これまで、私は起きたては余裕があるのですが、夫から見ると家を出る時間直前に結局バタバタしているらしく、時間配分について呆れられてました。

でもこの日は8時5分にはすべての支度が終わって、すんなり出勤しましたから。

次に注目してほしいのがお風呂の時間です。

以前は夕食後、ネットをしたりした後にお風呂→就寝でした。

実は私、お風呂ってあんまり好きじゃないんですよね。

これを言うと汚く思われそうなので、先に断ると毎日は入ってますよ!

でも、お風呂って、スッキリはするけど、洗うことに集中しないといけないじゃないですか。

音楽聞いたりテレビ見たり、本読んだりする人もいますけど、私はそれをお風呂でやろうとは思わないんですよね。

基本楽しい所じゃないし、生産的でもないから後回しになっちゃう。

夫にも、早く風呂入れ早く風呂入れって急かされ続けてました(夫は仕事から帰ったらまっすぐお風呂に入ります)。

スポンサードリンク


もう1つ、お風呂を夕食の後にする理由があります。

夕食の支度で、揚げ物とか炒め物とかすると油が飛び散りますよね、自分にまで。

特に揚げ物なんて、半径1m飛んでいるとか聞いてから、ますます先にお風呂に入るのがイヤになってしまって。

そのくせ夫がもう10時くらいに眠くなったから先に寝るよと言われると、私はまだお風呂に入っていない、私だってそれくらい早い時間からいっぱい寝たいのに先に寝るなんてズルいと完全なワガママを言い出し、だからいつも早く風呂に入れと言っているだろうと怒られるパターンが続いていました。

しかも5年くらい…。

お風呂1つで、こういう(どうでもいい)事情があったんですが、今回いい機会だと思って、帰宅直後に目障りな部屋の汚さとか取り込んでいない洗濯物をうっちゃって、お風呂へ一直線してみました。

そうしたら、これまで気に入らなかった個室で集中して身体を洗う作業が、逆に部屋の目障りなものを視界に入れないという良い(?)方向へ転換されたんですよね。

お風呂から出たら出たで、スッキリしているから、それらをいい気分でパパっと片付けられるし。

お風呂に入る覚悟も、仕事から帰った流れで入ってしまえばほとんどいらない。

あと、お風呂に早く入っただけで、夫にすごい褒められました(自分が気兼ねなく早く寝れるという嬉しいブーメラン)。

早く入って良い面もあったんですが、揚げ物・炒め物の油問題は解決していません。

パジャマの上にエプロンを付ければいいかなと最初は思ったんですが、真夏意外は長袖で料理していますし、特に真冬は厚手のパーカーなので、袖に飛び散っているであろう油が気になりすぎる…。

なので、今考えているのはエプロン代わりに薄手のパーカーを買ってしまおうかと。

真冬はパーカーonパーカーになるから、ワンサイズ大きいので。

冬がちょっとギャグっぽいか。


Check! 寝る前にダラダラとお風呂に入る人は帰宅直後にするといい

スポンサードリンク