会社員じゃなかったら早起きもブログも続かなかった【早起き244日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

37541f6b8f9612d7445b1dbc28334c2c_s

休日の朝のまる家

私は会社員なので、平日は朝5時10分に起きて、そこからパソコンに向かってブログを書いて、ちょっと読書して、朝ごはん、身支度をして仕事に行っています。

で、今日のような休日はというと、起きる時間はいつもどおりですが仕事という縛りがないために、パソコンの電源をつけることもなく、ボーッとしながらイスに座ってスマホでネットサーフィンしています。軽く1〜2時間。

そんな私がネットサーフィンしている間に家族が起きて、と言っても目が覚めるだけなんですが、あちらも布団の中で30分くらいスマホポチポチ。

家族がひととおりネットを終えるとお腹がすいたと訴えてくるので、そこでやっと私が動き出してキッチンで朝ごはんの準備、みたいなのが多いです。今日もそうでした。

家族が私と一緒に早起きしてすぐに近くのカフェに行ってくれれば、私も布団がたためるし床掃除できるんですけど、そこは相手の体調とか気分もあるのであまり強制できない。

それをいいことに自分もゆっくりしちゃってるんですが。

逆に言うと7日中5日は会社に行っているわけで、5日間は少なくとも起きたらすぐパソコンに向かっているんですよね。

これを良しとするかどうか。

休日の朝は早起きできてもダラダラしてしまう

一番いいのは自分で自分のことを管理して、平日だろうが休日だろうが、暑かろうが寒かろうが早起きしてパソコン向かって7時前後にブログをアップして、読書して朝ごはん食べてが365日続くこと。

わかってはいますが、早起き慣れしても、翌日が休日だといまだに心の中で”明日休みだやっほーい!好きなだけ起きていられる”とか考えてしまいます。

そんな気持ちに次の日の朝ムチ打って早起きはとりあえずしますが、まあいまのとこ頑張ってもそこまでで、スマホポチポチから完全には逃れられない。

早起き1年目はそんな上手くはいかないですね。

弱い自分と戦う日々。

でもこんな弱い自分でも、早起きはなんとか続けられて、休みの日はアップが遅いけど毎日ブログを書けるのも会社員という立場だからかもしれません。

スポンサードリンク


会社員でいることに感謝

会社員っていうと会社に飼いならされているとかマイナスなイメージで語られることもあるけど、私は決してそうは思いませんよ。

だってこんな弱い自分を早起きにさせてくれるんだもの。

朝決まった時間に出勤することがなかったら、私は確実に早起きなんてしなかっただろうし、できなかったし、家を出るまでというブログの締め切りを守ることができなかったでしょう。

毎日自由に起きて何をしてもいい生活だったら、絶対午前様で帰って昼すぎに起きてますよ。

実際バイトしている若いときとかそうだったし。

ブログは仕事が終わって帰宅してからでもいいんでしょうけど。確かに始めのほうは下書きしたりとかで夜書いているときもあったし。

でも夜書くと締め切り時間がないから何度も何度も校正したり、布団に入ってからもあの言い回しなんか違うなと思って終わりがないのが逆に重荷になってきてしまい、自分に向いてないなと気づきました。

起きる時間もブログも外部からの締め切りがないとダメな自分なので、自営業の人、自宅兼仕事場の人とかほんとすごいなって尊敬します。

もちろん、私がこの先やりたいことに、好きなときに好きな所、特に海外へ行けることというのが1つあって、それは固定の場所で働いていたら叶わないんですが、少なくとも早起きしてブログを書くという地盤、スタート地点をつくるために会社員であることは必要だったと思います。

地盤がしっかりできたらその後は自分のやり方に自由にアレンジすればいいから。

今は早起きして8ヶ月で、地盤ができつつあるかなという程度です。

まだ試したい朝の過ごし方があったり、今思いついていなくてもこれから出てくるものもあるだろうから、猶予期間と考えて、その間に自分の休日との向き合い方も定着させようかなと。

私の場合、闇の10年があってからの早起きにジャンプしたので、今回も早起きしてから1年くらいムダな時間もあって、それが1年経ってみて、あの時間もったいなかった!と後悔してからのジャンプパターンなのかなと俯瞰してます。

若干Mか。

スポンサードリンク