快眠して冬も早起きするために。家賃交渉したら新しいエアコンが来ました【早起き99日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
487a2aa279709dcaba936da78bfa1e06_s.jpg

6月8日(水)の時間割

(朝)

〜5:10 起床・乾燥機をかける
5:10〜7:00 ブログを書く
7:00〜7:10 朝食の支度
7:10〜7:25 朝食(パン・コーヒー・バナナ・ヨーグルト)
7:25〜8:00 身支度をする
8:00〜8:10 乾燥機の洗濯物をしまう
8:10〜   自宅を出る

(夜)

〜17:30 買い物をする
17:30〜19:50 ネットをする・動画を見る
19:50〜20:20 夕食の支度
20:20〜20:40 夕食(ゴーヤチャンプルー)
20:40〜21:05 お風呂
21:05〜21:20 炊事
19:50〜22:00 ネット
22:00〜    就寝

梅雨のせいで洗濯物が乾きませんね。

昨日は早起きしてから初めて、朝から乾燥機を回しました。

うちの洗濯機の乾燥時間は2時間30分くらいなので、朝5時過ぎにかけたら8時前には乾くんですが、そもそもここまで早い時間から乾燥機かける人ってあまりいないでしょうね。

でも仕事で家に居ない間に回すのは、万が一家事になったら怖いからやめてと言われているし、帰宅してからだとその日の洗濯物が洗えない。

結果、早朝に回すことになったんです。

これは早起きのメリットとかデメリットとかいう問題ではなくて、単純に不思議な感覚でした。

新しいエアコンが来ました

さて、話は変わりまして、昨日なんですが結構まる家で大きな出来事がありました。

それは新しいエアコンを取り付けたことです。

うちは賃貸マンションで、入居時にすでにエアコン付きだったんですが、長く住んでいるのでそのエアコンの型がだいぶ古くなり、ここ数年夏は一部分だけが涼しいというか寒くてつらい、冬は効いていない気がしていました。

家賃交渉は数年前からしていた

賃貸物件にお住まいのみなさん、大家さんと賃貸交渉ができるって知っていましたか。

私は数年前ネットで見るまで知りませんでした。

長く住むにつれ建物が古くなってくるので、借りている側もそれに合わせて家賃を下げてくれないかと頼むのですが、正直もっと早く知っておけばよかったと後悔しました。

初めて家賃交渉した当時、すでに住んで数年経っていて、間に入った不動産屋にすごい勇気を出して家賃交渉を匂わせてみたんですよ。

そうしたら「ああ家賃交渉ですね」と普通にあることのように取られて、なんだ全然フツーのことなんじゃんと拍子抜けしたのを覚えています。

同じ階の空室がすごい安かった

で、その家賃交渉をした結果、1回目は3,000円、2回目は1,000円と下がったんですね。

それで今回ですよ。

私のいる階には3月時点で空室が1室あったんですが、なぜか今回ひらめいて、「そうだ、あの空室っていくらで賃貸情報出しているんだろう」と。

早速ネットで調べてみたところ。

大手物件検索情報に引っかかり、なんと私より9,000円も安かったんです。

私の方が長く住んでいるのに。今まで代えてもらったのは洗面台とキッチンの蛇口だけだし。

かたや空室は、前の住人が出たあとにフローリングの張り替えや掃除などをしていたのを知っているので、これでなぜ私の方が9,000円も高いのか納得いきませんでした。

ありがとう情報社会。でもある意味こわいぞ情報社会。

不動産屋に物的証拠をもって話してみた

ネットの物件情報ってどんどん更新されるので、その情報がいつ消えてしまうかわかりません。

画面をキャプチャーしておくだけでは不安だった私は、それをコンビニでプリントアウトしておきました。

不動産の担当の人が男性で、仕事の経験上、男性と話すときは具体的な数字を物的証拠をもって臨むのが適当だと考えていたのもあります。

それで、その紙をもとに、不動産屋に、うちの方が前から住んでいて部屋も古いから同じ額にして今より9,000円安くするか(結構勇気がいりました)、それが難しいならちょっと安くしてエアコンを新しくしてほしい、と言ってみました。

スポンサードリンク


交渉結果はとてもよかった

不動産屋さんに大家さんとの交渉をお願いして、1日後。

9,000円下げるのは難しいですが、その代わり4,000円下げてエアコン代も大家さんがもつというのはどうですか、と返事がきました。

おおーー素晴らしい!これは一発サインでしょ。

不動産屋さんありがとうございます!

かくしてうちにエアコンが設置された

二つ返事で快諾し、契約書の取り交わしと更新料の振り込みを終えて、そして昨日、ついに新しいエアコンがうちに設置されました。

さっそくつけてみましたが、やっぱり新しいエアコンは除湿、冷房ともに繊細。

そして初代より電気代がお得になること間違いなし。

なぜエアコンの案をとったか

家賃を9,000円下げるまで粘るという考えもあるかと思いますが、それだと相手が納得せず、難航する恐れがあります。

交渉時は2つ以上の案を出して、お互いにとってベターな結果を採るほうが気持ち的にもラクです。

もし家賃を9,000円下げていたら、次の更新まで居るとして、2年で216,000円の節約にはなります。

一方、4,000円下げだと2年で96,000円の節約。プラスエアコン代で、全体的にはトントンかもしれません。

でも、うちは賃貸です。今後も2年住むかわかりません。

それに何より、早起きを始めた自分にとって、難敵は冬の寒さです。

私は冬も快適に寝て、しっかり早起きするためには、毎月の家賃よりもエアコンを採ったほうがいいだろうと考えました。

それくらい寒さが嫌いっていうのと、冬も早起きするという自分への宣言でもあります。

まとめ

夏はまだ先だし、冬なんてもっと先なんですが、梅雨に入ったばかりの今、すでに洗濯物がたまってきているので、さっそく除湿で登場いただきそうです。

梅雨の時期、夏と快適に過ごして、早起きも続けられるといいな。

スポンサードリンク