新卒入社2年目の女性がすでに早寝早起きで驚いた【早起き104日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
9fd9b028e072207e47ab30f4e6037e9f_s.jpg

6月13日(月)の時間割

(朝)

〜5:10 起床
5:10〜5:40 お弁当作り
5:40〜7:00 ブログを書く
7:00〜7:10 朝食の支度
7:10〜7:25 朝食(パン・コーヒー・バナナ)
7:25〜8:10 身支度をする
8:10〜   自宅を出る

(夜)

〜17:30 帰宅
17:30〜17:50 部屋の片付け・床掃除
17:50〜18:10 ネットをする
18:10〜18:50 夕食の支度
18:55〜19:15 夕食(カレー)
19:15〜19:30 洗濯物を干す
19:30〜20:20 動画を見る
20:25〜20:35 移動
20:35〜23:45 女子会
23:45〜 0:00 移動
0:00〜 0:25 お風呂
0:35〜    就寝

昨日は昼間寝不足かと思いきや普通にすごせて、でも今夜はご飯をカレーで手抜きしてゆっくりしようと思っていたら、夕方に友だちからLINEが。

今夜空いてませんか。

実はその子の誘いを先週の土曜日も受けたんです。でも私はそのとき1日がかりのパソコン作業からやっと開放されたところで、しかも夜ご飯も食べてしまっていて、遅くまで仕事をしていた友だちには申し訳なかったけどまた今度と言ったのでした。

その流れからの昨日の誘い。これはよほど何か話したいことがあるのだろうし、せっかく誘ってくれているのだからと承諾して行きました。

結局昨日寝たのは日をまたいだ午前0時35分。時計を見たので覚えています。

今日こそ寝不足を感じそう。

新卒で入社2年目の女性の話

さて、ここまで話したこととは全然別の内容になりますが、今日は先日驚いた出来事を。

私が働いている部署には、新卒で入社して今年2年目の女性がいるのですが、その女性と話していると自分が同年齢だったときとの違いに愕然とすることが度々あります。

夜遊んでいた私と早く寝る彼女

仕事中に雑談しているときに、仕事のあとは家で何をしているかとか、休日はとかお互いわかってくることがあるじゃないですか。

私の20代は、仕事して、そこから夜遊んで夜中に帰ってきたりとか、休日は10時くらいまで寝て、テレビを見てダラダラしながらお菓子食べてみたいな、とにかく時間に沿って生活しているのは仕事の間だけ。あとは自由というかけっこうメチャクチャでした。

一方、彼女のほうはというと、平日は仕事、帰ったらお気に入りの調理器具で料理して、夜10時には寝る。

朝は5時30分くらいに起きて、その日のお弁当を作り、終わったらゆっくり朝ごはんを食べながらテレビを見たり、録画したものを見たりして過ごしますとのこと。

休日も朝は同じくらいの時間に起きて、自転車で遠出してカフェに行ったりするらしい。

スポンサードリンク


生活スタイルが違いすぎる

なんなんでしょうこの違いは。

もちろん性格的なものもあると思うんですよ。私は当時夜友だちと賑やかに過ごすが好きで、彼女はみんなでというより少人数で穏やかに(私にはそう見える)楽しむ。

私が知らないだけで、実は彼女も夜中まで遊んでいるときもあるかもしれないし、遅寝遅起きのこともあるかもしれない。でもきっとたまにですよ。

今から早寝早起きとか、今後の人生、少なくとも私が生きてきた年まで、どれくらいムダがなくて効率的な時間の使い方なんだろうと思ったら、すごいうらやましくなりました。

彼女はムダがないとか効率がとかそんなこと全然考えてないとは思うけれど、ずっと年上のおばちゃんはそう捉えちゃう。

もし彼女のような生き方を選べていたら

私も23歳から今のように早寝早起きしていたら、今ごろぜんぜん違う人生で、今よりずっと自分のことを好きだったんだろうなあ…。

私が若いときに、周りにこういう日々をコツコツしっかり生きるみたいな人が居なかったので、もし居たら最終的には選ばなかったとしても、自分の人生の参考というか比較対象にはなったと思います。

今さらだけど、つくづく日々の時間の使い方って大事だなと感じるので、もしライフスタイルを変えるのに踏ん切りがつかない人は、少しでも、1日でも早いほうがいいですよ。

スポンサードリンク