朝どうしても起きなくてはいけないときに一番効くのはこれ【早起き124日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
9d7cba4337e814edd5600c0ab8ee10e2_s.jpg

女子会行ってきました

昨日、おとといと東京はとても暑かったです。

昨日は全国的に真夏日のところも多かったようで、私も昼間外出していたんですが、肌はチリチリ焼けるし水分は奪われるしで体力使いました。

そんなときに友達からの女子会のお誘い。昼間、暑さで体力を奪われたのでちょっと今日は早く寝て休もうかなと思っていたけれど、仕事づくしの彼女と久しぶりにゆっくり話したいしと思ってOKしました。

今朝は早起きを始めてから一番おきるのがつらかった

結局昨日は日にちをまたいだのかな…(記憶がおぼろげ)調子に乗って遅くまでしゃべっていて、そのときは楽しかったからいいんですけど、絶対疲れと酔いで明日やばそうだなという予感はしてました。

案の定ですよ。今朝は早起き初めてから一番キツいというくらい起きるのが大変でした…。

起きてブログ書いているのが奇跡なくらい。

同時に、そんなに辛くても起きられるのはなぜだろうと考えました。

スポンサードリンク


早起きするのに最も効果があるのは朝日を浴びること

今、牛乳を飲みながら書いていますが、飲み物は胃を動かすというのはあるけれど早起きの特効薬にはなり得ないかな。

飲んですぐ効くという感じではないので。ないよりはましかなくらいです。

飲み物以外でやっているのは指を動かすこと。これは多少効果ありです。

でもそれは私がブログを書くのを必須にしているからであって、他の人がどうしても起きなくてはいけないときにやることではない。

そうすると残りでやったことは1つ。

朝日を浴びる。

朝日で身体が起きはじめる

今これが1番効果てきめんです。

外が明るくて眩しい。

これで眠い目も半分くらい開いて、身体もなんとなく動いてきたかなという気はします。

あ、でもカーテンを開けて太陽を浴びたまではいいけれど、そのままで布団にまた入ったら絶対すぐまた寝ちゃいます。

イスに座ったりして10分とか15分とか太陽を浴びる。

頭も最初はボーッとしていますが、そのうち今日の仕事の予定を考えたりできるようになって、ああ今日は仕事だなと覚悟が決まる。

そうしたら本格的に身体も脳も動き始めて、今に至ると。

現状を書いているので、実体験というかリアルでこれが最もおすすめです。

よし起きた。じゃあ今日からまた仕事行こう。

スポンサードリンク