ランニング用キャップはツバが長めを。女性は男女兼用がおすすめ。【早起き482日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏のセールの中あるものを探しに

昨日街に出て妙に人が多いなと思ったら夏のセールが始まってたんですね。

いやーどこもお店が混んでた混んでた。

そんなことも知らずにノコノコと出かけた私は、人混みにときにもみくちゃにされながらあるモノを探してました。

スポンサードリンク


ランニング用キャップ

そう、それはまたしてもランニング用品。

なんかさ、新しいことを始めるにあたってそれに必要なモノを揃えるときのワクワク感って格別じゃないですか。今回のランニングにしても、初めてのワクワク感って一度きりなわけだし、そのあとまたランニング用品で新しい商品が出てそれを買うのも楽しいけど、でも初回には到底かなわないわけで。

先週は仕事がちょっと面倒でモチベーションも低下していたので、唯一の楽しみが夜家でひとり、布団に入ってランニング用品をググることだったんですよね。

その助走からの土曜日の買い物ジャンプだったので昨日はだいぶハッスルしました。見まくった。

で、やっと昨日ひととおり揃いました。

そんな中から、今日はランニング用キャップの報告です。

ちなみに、前にこのブログで書いたかもしれませんが、自分はキャップが似合わないと思い込み、はじめのほうはずっとサンバイザーを探していて昨日はその試着もしていたんですが、ふとしたときにキャップをかぶったら思いの外頭皮の部分が守られているなと感じたので、そっちにスイッチしました。

自分は目の日焼けに弱く、すぐ充血してしまうのでそれだけカバーできれば良かったんだけど、キャップのメリットとして、そのほかに頭皮や髪の日焼けも防げますから。

Adidas、NIKE、UNDER ARMOUR、PUMA、THE NORTH FACE等々を1日かけて見た結果、今回はこれにしました。

NIKE。

これを選んだ理由は2つあります。

1つ目は、ツバが長いこと

私、なんせ人生でキャップをかぶるのが初めてなので(ファッション用お帽子も含め)、今回これでもかっていうくらいすごい数の試着をしたんですけど、やっぱり見るより実際かぶってみないとわからないことって多いんですねえ。

ツバの長さがメーカーによって様々だったのは驚きでした。

中には、あの「北の国から」というドラマで田中邦衛さんが演じていた人がかぶっていたツバの短いタイプもあり(若い人は知らないだろうけど…)、それだとちょっと上を向いただけで陽射しが入りそうなのがまるわかり。

たとえ店内の試着でも、ツバによって店内のライトが当たらないところは影ができるので、特に鏡の前のライトスポット強めの場所で明確にわかります。ぜひ試してみてください。


(このキャップはツバも厚めで硬くてフニャフニャしない)

プラス、田中邦衛さんキャップは除いたとしても、スポーツ用キャップでもツバが短めのやつってあるんですよ。あれは陽射しより素材で通気性を優先しているのかどうかはわからないけれど。

目の日焼けを防ぐにはなるたけツバは長め。そしてデザインやロゴはシンプルに。

選んだ理由の2つ目は、かぶったときに浅くなく、深めにかぶれたこと

実際かぶってみるとけっこう浅くて、浅いのが似合わないパターンというのも私のようにあります。

それはサイズ感だったりするのかもしれなくて、同じNIKEでも同じカラー、デザインのレディース用があり、それは頭囲がこれより小さい55〜57cmだった(はず)んだけど、なんか浅く感じて、いや私特に人より頭が大きいはずではないんですが、でもこっちの男女兼用のほうが合っていた。

男女兼用のはメンズコーナーにあったので、もしレディース用で探してるのだとしても、キャップの場合はメンズコーナーも一応見てみることをおすすめします

ツバが長いことと深めにかぶれること以外は、できるだけシンプルであれば、そしてカラーはブラックであれば良く、今回見つかって本当によかった。

調節部分にはまったくこだわりがなかったんですが、ブラックながらも何気にドット模様だった。

あと留めるテープの部分がNIKEのロゴが入っていて、かつ異素材でキラキラ光るホワイトだったり、ちょいちょいオシャレだったのも決め手。

まとめ

ランニング用のキャップは頭皮や髪、目の日焼けを防ぐ以外にも、小雨程度なら防いでくれたりもします。

今は梅雨まっただなか。そんなときも走りたいと思ったらストレスなくすぐ走れるようにするスイッチとしても有効だろうと思います。

スポンサードリンク