美容院が苦手,めんどくさい…の解決法【早起き344日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

美容院が苦手

昨日の予定どおり、行ってきましたよー美容院。

美容院好きではない私も、結局ね、行ったら行ったでスッキリするんですよ。

おかげで頭がものすごく軽くなり、肩こりも軽減されそう。

お風呂で洗うのもラクになったし、朝の髪のまとめも時間がかからなくなって。

だいたい私カットだけで、カラーリングしないし、はじめのシャンプー(別料金・有料)もしないです。

あ、シャンプーについては、どうせ帰ってお風呂入るからおんなじじゃんと思っているのと、頭がキレイになっても首筋とか耳の穴とか服に毛がたくさんついてるはずで、それを速攻で落としたいので、いっぺんに洗うという意味で美容院でのシャンプーがいらないってことです。

カットだけなので、お値段も最低限。安い。

これらを考えると、美容院に行くのはデメリットじゃなく、むしろメリットの方が多い。

…なのに、やっぱり私美容院が苦手なんです。

美容院での会話がつらい

ブログを始めたてのときにも書いたんですけど、あの美容院での会話がどうも苦手で。

ネット見るとそれが苦手っていう人けっこういますね、もしかしてあなたも?

私は美容院に行ったら、普段読まない雑誌とかも置いてあるから、それらも含めてバーーっと読みたいんですよね、情報を入れたいの(情報過多)。

最初の髪の長さはとか、フロント部分はどうしますかとか、そういうやりとりは仕方ないんだけども、注文内容が伝わったらすぐにでも雑誌に取り掛かりたい。

が、しかし。

やはりそこは近距離での対面。

なんとなーく話さないといけない雰囲気(勝手にそう思ってるだけかも)を感じて、なんとなーく近況を報告しあうことになるわけです。

近況って言っても半年に1回なので、前回話した時に「来月海外に行くんです」のくだりを思い出して、あの5ヶ月前の海外はどうでしたか〜っという“遠況”が繰り広げられ、そして1時間たってやっとこさ、今度はどこどこに行くんですという話になって終わるんだけどね。

いやそれがアフリカの奥地に行きましたとか、南極見てきましたとかだったら私も食いつくけども。

まあだいたい国内だよね。中には私も行ったことがあったりする。

…正直なところ、それならば雑誌で新しい情報得たいな…みたいな…。

いや、まるみたいに私は雑誌もいらない、とにかくあまり親しくない人と話すのが辛いという人もいるでしょう。

それもわかる。

私も1時間だったらいけるだけで、学生のころカラーリングとパーマをやったら4時間かかったことがあって、その時はもう苦痛以外の何物でもなかったです。

ずっと座ってるのも辛いし、自分が動けない中、まわりだけ入れ替わり立ち替わり人が来るのも疲れる。

ということでカラーリング+パーマという最強コンボはここ10年ご無沙汰です。

スポンサードリンク


面倒な美容院に行くようになる仕組みを考えた

こんなに辛いと思うからこそ、向く足も重くなり、結果通うのが半年に1回。

そして肩がこり、ひいては睡眠不足を招くわけで。

そうは言っても、髪の毛は伸びるのをやめてくれない。

あ、髪の毛ショートにすればいいじゃんと言うご意見もあるでしょう。わかりますわかります。

私小さいころずっとショートだったんですよ、大学生になるまで。

で、そもそも私の顔立ちとか体型が男っぽいうえに、スポーツをずっとやってきたんで、ちょっと女性らしさも出してみたいかなと思って、大学生になってから髪を伸ばすようになったんです(恥ずかしの大学生デビュー!ってやつです)。

なので、ここでショートに戻してしまうと、メンズハツラツ!になってしまうので、ここは避けたいんですよね。

ギリ伸ばしておいて、でも肩がこらない程度に収めておく。これが社会人になって出したベストな答え。

ああ話がずれました。

でですね、この“美容院がめんどう”というのを少しでも払拭できないかとずっと考えていたところ、この時(結構必読)に思いついたんです。

帰りに次回の予約をする

美容院に行かなければならないのなら、どうすれば行こうと思えるor行かざるを得ない状況にできるか

この答えを思いついた。

そう、美容院に行った時に、強制的に次回の予約をする。コレだ!

これは全部の美容院に適用できる話ではないかもしれませんが、私が行っている美容院は、

・ネットで自分が行きたい日を予約できない

・でもネットで担当の美容師さんのシフトは見れる

・予約するときは電話しかない

という状況なんですが、私は美容師さんのシフトは確認せずにいきなりお店に電話して、◯日◯時に行きたいと言っていました。

でも自分で気づいた。

この電話予約が面倒で、私の足が遠のく一因になっているのだと。

そこで前述の時短の仕組みを使って、

電話予約→来店→次回にまた電話予約→来店

この流れを

来店時に次回の予約→次回来店

こうすればいいんじゃないかと。

今はネットで来店予約をできるお店もあるし、そもそも電話が苦手じゃないという人もいるでしょうけど、私が通う美容院はネットの仕組みがなくて。

美容院を変えることも考えましたが、そうするとほら、また一から担当さんと基本情報をやりとりしてってなって会話が増えて面倒じゃないですか。

あと今の担当の美容師さんが、今までの中では1番ラクというか、相性的に良いので。

電話が苦手なのも私だけかもしれないけど。顔が見えないのに声だけで雰囲気を察しないといけないのがすんごく疲れるので、むしろキライなんだけども。

とにかく、自分で思いついたにしてはなかなか良いんではないかと思い、さっそく昨日担当さんに言ってみました。

そうしたら、「お客様のカードに3ヶ月先まで次の来店予定が書けるようになっているから、多分3か月先までは予約できると思います」とのこと。

おお!イケるんか!

…でも、3か月後って行ったらけっこう先だし、前に担当さん、会社の研修に行ったりもするし、隔年で社員旅行行くって言ってたし、ご自分の有給とかだってありますよね…。

おずおずと聞いてみたら、「いや、3か月先なら大丈夫と思いますよ。それに私個人で先の予定を決めるとかないんで(ニコッ」とのこと。

いい意味でアバウトな人なんです。

「ただ、お客様があまり先の予定すぎると、忘れたりしないかなと、それが心配なんですよ」

大丈∨。自分約束と時間だけは守る自信がありますと言っておきました。

まとめ

ということで、最後の会計のときに、次の予約をさせてもらいました。

次回は3ヶ月後の5月中旬。

以前は半年に一回、今回は5ヶ月後に来た(今回はちょっと早かったですねッ(ニコッて言われた)ので、これが3ヶ月に1回になれば、十分な間隔なんじゃないでしょうか。

支払いをしつつ、その場でスマホのカレンダーに予約も入れました。あと帰って自宅のカレンダーにも書き込んだし。

自分では忘れることはないと思ってますけど、初めてのことだし、これが慣れてきたらうまく回る気がするので、初回を大事にします。

一応美容師さん側にもメリットあるかなって考えてみたら、3ヶ月後に確実にお客さんが来るってこと、かな?

このあたりの真意は聞けないので想像ですが。

すべての美容院でこの数ヶ月先の予約ができるかわかりませんが、美容院に行くのが面倒で、ほっとくと半年経っちゃうという私のような人は、一度通っているお店に聞いてみてはどうでしょうか。

この美容院レポ、次回の5月にまたある、かもです。

スポンサードリンク

コメント

コメントは停止中です。