家族が早起きサポーターになったその後【早起き171日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
637e6eba5503e32971cd1dd96806c490_s.jpg

今朝の天気

台風7号が去った東京に、今度は台風9号が近づいているようです。

今朝の東京は空は真っ暗、雨も本降りで昨日の快晴はどこへやら。夏の朝とは思えない天気です。

こうやって何度か台風が通りすぎて、だんだん秋に近づいていっちゃうんですよね、やだなあ…。

早起きするにはサポーターを見つけるのがおすすめと書いたけれど

4月5日のブログで、「早起きのコツ:家族や友達などサポーターを見つけよう。私が早起きしようと思った動機②」を書いたことがありました。

うちの事情として、私はロングスリーパー、夫はショートスリーパーで、生活サイクルが合わず昔よくケンカになったこと。

相手は休日にも早起きしていて、朝からどこかに出かけたいのに私の起きる時間が遅く、なかなか家を出られなくて時間がもったいないとイライラしていたこと、という内容でした。

そんな関係だったところに、今年の2月に私が早起きすることを決心し、休日は朝早くから外でおいしい朝食を食べたり、遠出したりしようと伝えたところ、彼はとても喜んでいました。

実際、早起きを始めたばかりのころ、夜もなかなか寝付けない私に、一緒に早く寝てくれたり、朝がつらくて目覚ましをとめてしまって、寝過ごしそうなときには声をかけたりと、本当にいいサポーターになってくれました。

スポンサードリンク


早起き生活で立場が逆転

しかし、そんな状態は今や昔。

現在、ほぼその立場が入れ替わっています。

特に今日のような休日は明らかに逆。

やっぱりね、どんなショートスリーパーであっても、金曜日まで働いたあとは、土曜日の朝くらいゆっくり寝ていたいものなんですね。

(ロングスリーパー的には「ほらね!」というツッコミ)

昨日はいつもの金曜日より疲れていたっぽいのもありますが、現在6時25分、まったく夫は起きる様子がありません。

そしてだいたい土曜日はこんな感じです。

6時30分くらい、遅いときは7時に起きてきます。

一方私は、土日も関係なく、昨日も22時40分に寝ましたが、5時10分の目覚ましで起きます。

そしてブログを書き書き。

もし私がブログを書き終わっていないときは、相手はゴロゴロしながらスマホをポチポチ。

たまには私の分もあわせて、そのゴロゴロした時間でパンくらい焼いてくれてもいいんじゃないかと内心思っていますが、まあ何もしません。

うるさくないからパソコンに集中できていいっちゃいいんですけど。

私のほうが早起きしているのに納得できないこと

もちろん次の日に朝早くから出かけようと決めているときは、向こうも私と同じ時間に起きて、私がパソコンに向かっているあいだ、自分もパソコンしていたり、先に着替えたりして過ごします。

なので、私が相手の準備に1,2時間待たされるということはありません。

だけどちょっと納得できないのが、私のほうが早起きして、その時間でブログを書いているのに、たまに向こうが私よりちょっとあとに起きただけで、ブログはまだ終わらないのかとか言ってくること。

(要は自分もまるも早起きしたからすぐ出かけようと言いたいのだと思う)

いや私、自分の時間のために“今までより”早起きしてるんで。

これ以上どう早くすんねん。マイペースか。ってちょっとキレます。

まとめ

どうでしょう。この5ヶ月での変貌ぶり。

今や「全然起きないんだもんね」というフレーズは聞かれなくなりました。

今回はちょっとグチめいたことも言ってしまいましたが、でもここまでこれたのは間違いなく家族の協力があったおかげです。

一人ではここまで辿り着けなかったかもしれない。

本当にありがたいことだと思っています。

これからも、家族とともに早起き生活を続けて、朝の時間を満喫したいなと思うまるでした。

ではパン焼いてきます。

スポンサードリンク