王道には理由がある。ニールズヤードのラベンダー(アロマオイル)【早起き378日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アロマを始めて半年

去年の10月に人生で初めてアロマオイルを始め、それから約半年間、毎朝アロマで癒されてきた、まるです。

アロマを実際に始めるまではもっと手順とか揃える道具とか多くて面倒なものかと思っていたけど、いざやってみたらすごく簡単でズボラさんにも向いていて、もっと早く始めていればよかった。

なんとなくあのオイルの種類の多さに圧倒されてしまって、たくさんあるメーカーをまずどうやって見分けるかっていうのと、次にどの香りが自分に合っているのかを選ぶのが億劫だったんだよね。

でも一度コレっていう基準ができると、私はニールズヤードレメディーズだったんですけど、これはアロマ界ではこういう位置づけで、こういう香りがこのメーカー独特のものでみたいなのがわかってきて、そこから他のメーカーだったり香りだったりも興味が出てきます。

なので、これからアロマをやってみようと思う人におすすめしたいのは、まず何でもいいから、好きなデザインボトルでも、香りでもいいから見つけましょう。そしてまず1本買ってみましょう。

(インテリアショップとかでもアロマたいてるので、いい香り!と思ったら迷わず種類を聞いてみましょう。私は今でも聞きます。)

私もニールズヤードのお店に別の商品を見に行ったのに、店内で香っていたアロマがすごくいい香りだったので、そのまま勢いで買っちゃったんだよなあ。

スポンサードリンク


春の今こそ王道のラベンダー

もし私みたいな自分の気に入った香りから直球勝負せず、まずは王道から始めたい人。

個性的な香りより、あまりクセがなく、だいたいの人がいい香りだなって思うやつから始めたい人もいますよね。

そういう人には、私の勝手な想像だけども、プロからはラベンダーとかローズマリーを勧められるような気がします。

私のイメージでハーブ系って言ったらラベンダー、ローズマリー。そしてそれはアロマにも言える気がする。

自分もここから始める手もあったんですけど、まずはガツンと一目惚れしたものがあったほうが後々続くかなと思って、1本目はハーバルフレッシュナーにしました。

ハーバルフレッシュナーは数種の混合タイプで、基本的には爽やかな柑橘系の香り。

それから次にバイタリティ。これも混合タイプですが、新緑を感じたくて若干ウッディな感じのものということでこれにしました。

で、この2本を今年の冬使って思ったことは、爽やかな朝っていいけど、冬の朝にいつも柑橘系の香りは寒いかも…ということ。いまさら。

あと、バイタリティはちょっと主張があるので、毎日つけるのは違うかなと。

そこで、もう春だし、アロマも2本試してだいぶ違いがわかってきたところで、ここで王道行ってみようかなと思えるようになりました。

ラベンダーに。

ニールズヤードのラベンダー

今朝から早速このラベンダーをたいているんですが、やっぱりね、いいです。

春だわ!

落ち着くわ!

そしてなんだか優しさに包まれるわ。

何より私の考え事や作業を邪魔しないこの空間に溶け込む感。空気が読める子。

一周回って、王道の香りってやっぱり王道なんだなって思いました。

私は他のアロマ同様、水50mlに2滴入れて使いましたが、これくらいの強さがちょうどいいですね。

ちなみに、前からちょっと気になってたんですけど、ハーバルフレッシュナーが無色なのに、バイタリティって若干茶色くて、今度のラベンダーがまた無色なんですよ。

こういうアロマによって色のあるなしがあるんだという気付きがあって、そういうのもビギナーさんは知らないだろうなと思って情報共有です。

記念に撮影しておきました。

左がラベンダー、右がバイタリティです。

ね?バイタリティって若干茶色いですよね。

こういうことも、何本か買ってみてわかることなので面白いなあと。また次買う時が楽しみですね。

まとめ

物事はなんでも、王道には王道たる理由がありますね。

アロマオイルのラベンダーなら、確かに多くの人が受け入れるクセのない香りだろうし、優しいし癒やされます。

お店で香りを嗅げる機会がない人は、このラベンダーから始めるのがいいかもしれません。

スポンサードリンク