英語のリスニングも残り1/4で弱点強化期間へ【早起き1,134日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語耳も残り1/4に

おはようございます。まる(@hayaokimaru1)です。

1月28日から始めた英語耳の発音練習ですが、本には「最低100日は毎日続けましょう」と書いてあって。

じゃあそれを守ろうと、いつだったかなあ、サイトで「今日は何日目?」っていうのを見つけて、1月28日から100日後を入力したら「2019年5月7日」って出たんですよね。

そんでその5月7日を目指してずーっとやってきたんだけども、先日このブログでも書いたように、ChromeのGoogleドキュメントで英語の音声入力すると自分の発音がきちんと文字で正解が出るかどうかっていうのをやってたら、こんなに長くやってるのに!まあ残念なことにたくさん間違ってて。

その間違ってるところを優先して修正すべく、今ひとつひとつYouTubeや他人のブログを見てるんです。

受験で言うなら「弱点強化期間」って言うのかしら。

1冊を何回も何回も解いてきて、5巡目から間違った問題だけをまたやるような。

で、「今日は何日目?」によると、今日4月12日は発音練習を始めてからちょうど3/4にあたる75日目で、つまり残り1/4期間で間違ってるところを重点的にやり直して、そして5月7日には完璧な姿?で終わろうとしています。

…とは計画してみたものの、終わらない気がする、つまりあと25日ですべて修正しきれる気がしないのです。

YouTubeで動画で見比べられるだけありがたいのかもしれないけど、でもけっこうこれ時間かかるんですよ。

例えば、日本人の講師(ユーチューバー)の場合、説明がすべて日本語だし、口はこう動かすんですよ、舌は上げずにねーってわかりやすい。

説明は入ってくる。

なんだけど、実際やってみるとGoogleドキュメントに全然違いが出なかったりするんですよ。

逆に米国人のYouTubeで、説明も全部英語でほとんどそれはわかんないけどとりあえず発音のところだけ真似してみた、ってやったら意外にすんなりできてしまうこともあり。

多分それは説明している人が悪いんじゃなくて、私まるの口の形にあった発し方にガチッとハマるかどうかとかあるんだろうね。

動画1個目ですぐに解決してしまうものもあれば、日本人のも米国人のも、はてはスペイン人の動画を見ても(いまだに)解決しない音もあり、何も考えずにただ発音していた75日間よりずっと苦労してるなあと。

まとめ

ただこの75日、もちろんまったくムダだったわけではなくて、英語耳の中で1つエスの音を使い分けて早口言葉を言うのがあるんですが、今日始めて音声の普通の速度、つまりネイティブの早口言葉の速度で言うことができました。

前はどんなに早く言おうとしても途中でつっかえてたのに、これはこれで1つ大きな進歩だ。

単語を1つづつ追わなくても次の単語が出るくらいには無意識で暗記してて、それでスラスラ出るようになったのかもしれません。

そう考えると75日という期間で耳に、口に、脳に染み込ませるというのは大事で、自信につながりました。

よっし残り25日、地道に行こう。

スポンサードリンク