カチカチ音のしないマウスが便利すぎる!不快感ゼロ→作業効率アップ【早起き579日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PCの作業音について

私はこのブログを平日は自宅で、休日は外のカフェにPCを持っていってそこで打ち込むことが多いんですが、カフェのときは家族も隣でPCで作業してるんですね。

で、ブログを書き始めて1年経つ少し前でしょうか、ある日家族に

「まるのマウス音がカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ言って気になりすぎる!」

とイラつかれまして。

…オイオイと。

何も私はEnterキーをパァァァァンッッ!って打っているわけでもない。

タイプを指で力強くカタカタカタカタ言わせているわけでもない。

そもそもこの2つのEnterキー音とタイプ音は私自身が会社に居て近くの人がやっていると最高に気分が悪くなるので、自分もやらないようにしていたんですが(あの“俺・わたし仕事してる感”からしてキライ)。

ただ。

マウス音は気になったことがなかった。

マウスを使うときって、

・スクロールする
・カーソルあてる
・右クリックで指示をだす(でもこれもCtrlキーでイケるしね)

くらいじゃないですか。

それをうるさいと言われたんです。

「いやどんだけ私の音気にしてんねん」って言いましたけどね。

確かにあなたはいつも私の右側に座っているから、自然と私が右手に持つマウスに近いけれども。

スポンサードリンク


1年半のブログ生活でタイプとマウスの使用頻度が上昇

でまあ言われたときはこっちもイラッとして、だって「人にうるさくならないように」と思ってなるべく静かにやっているのにですよ、そんなこと言われたら「その気遣いができてないっていうことや」って指摘されているみたいじゃないですか。

ただ譲れるところがあるとしたら、実際のところこの1年半で毎朝ブログを書いていた私のタイプ速度、マウスの使用頻度はものすごく上がっている。

ブログを始めたてのときは何を書いたらわからないのもあったけれど、たった原稿1枚分=400字打つのにも1時間かかったのが、今や400字なんて書きながら考えても10分くらいで終わるから。

この間は2,000字打つのに30分しかかからなくて、それは自分でもビックリした。

それくらいの速さになっているので、もしかしたら無意識のうちにタイプがカタカタカタカタ言って、マウスもカチカチカチカチ言っているかもしれません。

ヘビーユースなせいで、実際、今使っているマウスの動きがかなり鈍くて、特にスクロールが反応しないのが地味にキツくなってはいました。

…今後の作業効率を考えてもそろそろ換え時かもしれないなあ。

そしてどうせ買うなら、あんまりカチカチしないやつがいいなあ。

と思って、昨日マウスを買い替えました。

左:旧マウス(エレコム) 右:新マウス(サンワサプライ)

なんと右の新マウス、ウリが“カチカチ音がしない”マウスだったんです

マウスを買うときの条件

実はマウスを換えるのは、この1年半で3個目

私の音がどうだかは知らないけど(←最後まで認めたくない)、1年半で3個目ということは、やっぱりものすごく消耗しているのだとは思う。

私がマウスを買う時の条件は、

①ワイヤレス
②カラーはホワイト(PCに合わせるため)
③1,000円代

だから、安い=使用感に直結しているんでしょう。

そして今回から新たに上の条件に加わったものが、そう、

④カチカチ音がしないもの

です。

このカチカチ音がしないものがあるのを知ったのがやはり家族からの情報で。

写真の旧マウス(エレコム)がシンプルデザインでホワイトだから気に入って、写真のやつは2台目だったんですが、それから1年しないうちに、何やらカチカチ音がしないマウスというのがたくさん世に出ていた模様(多分自分が知らなかっただけ)。

多くのメーカーからこの手のものが出ていて驚きました。しかも1,000代でも豊富。

一昔前はトラックボールとかいうスクロールの部分がスムーズにできるとか、手に馴染む設計とかそういうのがマウスのウリだったんですが、いつの間にやら新しい視点から出ていたんですね。

カチカチ音がしないマウス

じゃあどこがどうなってカチカチしないのかって言うと、まずはこのクリック部分のスキマ。

ほんの少しですがサンワサプライの方がスキマが狭いような。

実際に両方クリックしてみると、このスキマの狭さが徐々に大きな違いとなって現れてきます。

素材の関係もあるでしょうが、クリックするって、ようはボタンを押すことなので、この押す深さが浅ければ浅いほど力が必要ないわけです。

で、浅い=戻りが早いから、もし音が出たとしても、浅いほうが音の長さが短い。

エレコムのボタンは深い→「クリッィィィック」音
サンワサプライのボタンは浅い→「ッィック」

みたいな。

さらに、素材の違いがあって、おそらくボタンを押される方の台座部分がゴム素材だと音がしにくい。

これも両方押すと、

エレコム「カチッ」
サンワサプライ「ピュイ」(あえて比較するとこう聞こえる)

という感じ。

買うときは電源ボタンも気にすること

ただこう書くと、カチカチ音がしないマウスすごいじゃーん!ってなりますが、確かにすごいですが、他の部分で比べるとこういうデメリットもある。

私は値段とカラーばかり気にして選んだんですが、旧マウスの良いところを忘れていた。

それは、マウスの裏側に電源のON/OFFボタンがあること。

新マウスには電源ボタンがないため、最初ちょっと使ってPCを離れて、さあまた作業しようと思ってマウスを動かしても、カーソルがうんともすんともしない。

おかしいなーと思って他のページをクリックしたら気づきました。

多分、新マウスは電源ボタンがない分、一定時間使わないと勝手にスリープモードに入って、それを解除するにはどこか画面上でクリックしないといけないんだと。

このあたりが消費電力で考えたら(ともに電池なので)、もしかしたら電源ボタンがあったほうが良かったのかもしれません。

あ、そうだ、ちなみに旧マウスは単4電池、新マウスは単3電池でした。

まとめ

サンワサプライの新マウス、お値段が1,000円ちょっとなので最初は「まあ壊れたらまた新しいのを買えばいいか」くらいに気軽に買ったんですが、カチカチ音がしないマウス、快適すぎる!

本当に音がしない。

朝のシーンとした静寂の中でブログを書いていても、マウスよりも、窓を閉めた状態で外から聞こえる車の音のほうが大きい…。

1,000円ちょっとで買えるから、メンタルへの負担とか、そこからつながる作業効率とか考えたら一度は試す価値があると思いますよ。

スポンサードリンク