夏の朝にはかどる家事は【早起き161日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
42b5051b470cf837c69d259e4df44614_s.jpg

やっぱり夏が好き

今週はほんとに夏真っ盛りという天気ですね。

東京も昨日は38℃を記録しました。

昼間ちょっと外に出たんですが、あれはやばい。

暑いというより燃える。熱波がすごくて呼吸が苦しい。

でもやっぱり燃える天気でも、冬より断然いい。

一生夏か、一生冬かっていったら夏のままがいいな!って入道雲を見ながらいつも思います。

夏が好きなくせに夏バテで食欲がなくなったり、軽い熱中症になったり、夜は寝苦しくて寝不足がちなんですけどね…。

夏の朝に最適な家事は

私の早起きは2月29日というまだまだ冬も終わらない、暖房を入れている時期にはじめたんですが、そのときは部屋と外の温度差で窓に露がつくので、朝は窓をふいていました。

早朝に窓を拭くのはめんどうで、窓をあけると寒いし手は冷えるんですが、きれいになった窓から空が見えるのは気持ちいいものです。

そして今は夏。

早起きする前の私の想像を裏切って、朝7時前までは涼しいんですよね、この盛夏でも。

なので、真夏の早朝に向いている家事といえば洗濯です。あと布団干し。

夏の洗濯物は7時に干す

私は5時10分に起きているので、すぐに洗濯機をまわしたいところですが、マンション暮らしなのであまり早い時間だと近所迷惑になると思い、前日の夜に、あとは脱水するだけというところまでまわしておきます。

仕事から夕方帰ってきて、汚れた衣類をそのまま放置しておくと、汚れが染みて落ちにくくなったり、匂いが充満してしまうので、とりあえず洗剤を入れた水に漬けてまわしちゃいます。

それを朝7時になったら一気に脱水だけする。

そうすれば、7時10分くらいには外に干せます。

7時10分だとけっこう外も暑くなっているんですが、これが時間を早める限界ですね。

スポンサードリンク


布団は5時に起きたらすぐ干す

うちはベッドでなく布団です。

小さいときから畳に布団を敷いて寝ていた習慣があると、たまにベッドで寝ると腰が痛いんですよ。

それに、布団だとシーツを外して、布団本体とシーツ両方干せるというのもいい。

布団は周りの迷惑にならないので、朝5時10分に起きたらすぐ干してます。

5時に布団を干しているお宅って外から見ていてないので、珍しいかな?

5時・6時台は風で乾かして、7時から家を出る8時までは太陽の熱をあてる。

だいたい毎朝3時間干して、家を出る直前にとりこみます。

朝から干して夕方帰宅してとりこむのは、この時期ゲリラ豪雨がこわいのでできません。

普通の洗濯物でさえ、仕事中に空を見て雲行きが怪しいと気がきじゃなくなるので…(そして主婦の同僚と洗濯物干してきちゃったと騒ぐ)。

なので朝の3時間が勝負。

ちなみに休日は朝から出かけて午後早くに帰るときに、ゲリラ豪雨がないか天気予報を見てから干しています。

パリパリに乾いた洗濯物って気持ちいい

冬と夏で洗濯って全然違いますよね。

夏は洗濯物から太陽のにおいがいっぱいするし、パリッパリに乾いて次に着るとき気分がいい。布団もフカフカ。

こういうところからも、ああ夏っていいなあと感じます。

主婦の小さな幸せ。

スポンサードリンク