よく言われる早起きのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
早起きのメリット

私が早起きを始めるにあたって、そのメリットを1週間くらいかけてネットで調べまくりました。

そうすると、どうも下のような項目があるようです。

1 朝ごはんをゆっくり食べられる

朝、時間に余裕があるため、充実した朝食を食べてしっかりエネルギーを補給できるとのこと。

2 お通じがよくなる

起きたらすぐに常温の水を1杯飲むと腸の動きも活発になるとか。

3 じっくり1日の予定を立てられる

4 静かな時間で仕事に集中できる

経営者は朝から仕事してる人多いですよね。私にはまだまだ辿りつけない領域ですが。

5 通勤・通学ラッシュを避けられる

私も通勤ラッシュにあっていましたが、体感として、6時30分くらいから電車って混んでませんか?

路線にもよるでしょうが、その前に乗れたらいいんでしょうね。

6 自律神経を整えられる

人間はもともと暗くなったら寝る、明るくなったら起きるという動物としてのサイクルがあるので、そのリズムにすることで心身のバランスが整うそう。脳の記憶力もアップするんですって。

スポンサードリンク


7 ランニングやジムなど体を鍛えられる

朝の運動は脳への血流を促し、酸素が供給されるため、脳が活発になるようです。

8 ダイエットにつながる

基礎代謝は午前中が1番高いので、運動をしなくても、ダイエット効果があるらしい。

9 美容にいい

睡眠のゴールデンタイムというのがあって、それが午後10時〜午前2時の間。この間に眠ると肌の再生を促す成長ホルモンが分泌されやすい。

ただ、最近はゴールデンタイムとは入眠後3〜4時間という説もあるようです。

10 夜の食事会などのムダな出費がない

夜の外食ってすぐ3,000円とか飛んでいきますよね。

それが積もっていくと結構な額に。

しかも途中からは愚痴になったり、終電間近まで長時間居座ってしまったりして、コスパとしては確かに考えどころ。

11 年収が上がる

朝活をしているビジネスパーソンがそもそも年収が高いのか、朝活を始めたらそうなったのか。

後者を非常に期待したいところですが、これこそまさに自分で早起きしないと検証できないことかも。

だいたいこんなところでしょうか。

5番はもうクリアしてますね。

1については、前回も述べたように仕事のある朝は自宅で朝食をとっていますが、まあひどいんですよ。

インスタントコーヒーとパン1枚。

ここをなんとか改善したい。

もっと品数を増やすとか、野菜を足すとか。

それと、これも1ですが、プロフィールにも書いているとおり、私の当面の目標は「早朝から外で美味しい料理を食べること」。

休日は外で、自分が作れないような美味しいモーニングを食べたい!

朝陽を浴びながら、緑に囲まれて美味しいモーニングをとるのが理想。

旅館・ホテルの朝食とかもいい。

この目標は早起きさえすれば達成されるので、とにかく今目指すのは早起き、早起き、です。

スポンサードリンク