早起きをはじめたら

早起きを1ヶ月して続けていること・やめたこと【早起き30日目】

f55346f67e0c26ad5a85f60b323e8f83_s.jpg

3月30日(水)の時間割です。

【3月30日(水)】

(朝)

〜 5:50 起床
6:00〜 7:05 ブログを書く
7:05〜 7:15 朝食の支度
7:15〜 7:30 朝食(パン・コーヒー・ミネストローネ)
7:30〜 8:10 身支度をする
8:10〜      自宅を出る

(夜)

〜17:50 買い物
17:50〜20:00 お菓子を食べながらネット
20:00〜20:25 米を炊いている間にお風呂
20:30〜20:50 夕食の支度
20:50〜21:10 夕食(昨日のカレー)
21:10〜21:30 休憩
21:30〜22:40 ブログを書く
22:45〜      就寝

とうとう早起きを始めて1ヶ月経過しました。

なんだか1ヶ月前のことなのに、初日がすごく昔のように感じます。

でも、もし1ヶ月前に始めていなかったら、今日きっと「早起きしようしようと思っていたのにもう1ヶ月経っちゃったなあ…」と激しい後悔に襲われていたことでしょう。

続きを読む

早起きは元旦や4月1日から始める必要はない。思い立った日に始めるべき【早起き29日目】

思い立った日

3月29日(火)の時間割です。

【3月29日(火)】

(朝)

〜 5:50 起床
5:50〜 6:55 ブログを書く
7:00〜 7:15 朝食の支度
7:15〜 7:30 朝食(パン・コーヒー・クラムチャウダーもどき・バナナ)
7:30〜 8:10 身支度をする
8:10〜      自宅を出る

(夜)

〜17:30 買い物
17:30〜19:00 部屋の片付け・ネットをする
19:00〜19:20 お風呂
19:30〜20:00 夕食の支度
20:00〜21:00 夕食(カレー)をとりながら動画を見る
21:00〜21:15 休憩
21:15〜22:25 ブログを書く
22:30〜      就寝

早起きについて、今日は気になる記事を発見しました。

続きを読む

実はすでに早起きを始めて2週間経ちました

2週間

私が今後の人生について悶々としていたのが2月だったんですが、それを携帯メモとかアプリで整理したり、(頭の中がスッキリするので)現状を変えるにはどうしたらいいかを調べまくるのに約2週間費やしました。

調べたのは、手帳に夢を書き込む方法とか、以前見た映画「最高の人生の見つけ方」で主人公が死ぬ前にやり残していたリストのことととか。

看護師が語った死ぬ直前に誰もが後悔する5つのこともありましたね。

で、その中から、まず自分にできることが早起きだろうということで、それについてもかなり検索しました。

結果、自分にとっていい人生っていう形はなんとか見えたんですが、同時にはたと気づく。

「あれ、2週間もあったのに早起き始めてないじゃん」。何も進んでない。

それで、その翌日から早起きを始めることにしました。2016年2月29日(月)です。

続きを読む

早起きって具体的に何時?

具体的に何時

そもそも早起きって何時を言うんでしょうか。

5時?4時?

通勤時間が片道1時間で、出社が午前8時という会社員の人は、必然的に7時前には出ないといけないでしょうから、6時には起床してると思います。

私の周りの人から聞いた感触でも、早い人で6時くらいです。

一方、ネットでちょっと調べてみると、

続きを読む

これまでの生活スタイル(時間割)を公開します

早起きを始めるにあたって、そもそも私の生活スタイルというか時間割を説明しないと比較しようがないですよね。

ちょっと脱線しますが、私にはこれだけはムリというのが3つあって、それが満員電車と寝不足と寒さです。

高校、大学、卒業後の会社と朝の満員電車に乗って通ってたんですが、これが本当にイヤでイヤで。

まあ好きな人はいないでしょうが、私は卒業後の会社に出勤してるときに確信しました。もう無理だって。

なので、今の会社は自宅から近いところにしています。電車に乗らずに、通勤時間15分くらい。

おかげで朝からストレスを抱えることもないし、時短の観点からも最高だと思ってます。

続きを読む

ごあいさつ

はじめまして、まるです。

これまで色んなことにチャレンジして、人生が変わるチャンスは何度もあったはずなのに、逃しまくって気づいたら30代後半に。

仕事はずっとしてますが、プロフェッショナルでもなく、大それた資格もありません。

家もネコの額くらいだし。

今まで自分の人生を考えるフリはしてきたけど、きっと真剣ではなかったんでしょう。

先日、何がきっかけだったか、この先の人生、特に40代を考えた時に、さすがにこのままじゃヤバいんじゃなかろうかと真剣に焦りまして。

続きを読む